市場ニュース

戻る
2015年12月26日07時00分

【市況】今週の【早わかり株式市況】 買い手不在で4週続落。円高と換金・整理売りが重し

日経平均の日足チャート 「株探」多機能チャートより

 今週の株式市場は、さらなる原油安で前週末の米株式相場が大幅安となった流れに加え、クリスマス休暇を控えた海外勢の換金売りなども重なり、日経平均は一時330円を超える下げとなった。売り一巡後は買い戻しが入り下げ渋ったものの、続落してスタート。
 その後も海外投資家の実質クリスマス休暇入りや材料難で買い手不在の中、NYダウなど欧米株高が好感され日経平均は一時1万9000円を回復する場面はあったものの、円高・ドル安が重しとなり、軟調な展開が続いた。
 週末も市場参加者が少なく薄商いの中、前日の米株安や円高基調に加え、年内受け渡し最終日で整理売りも入り、小幅に5日続落となった。東証1部の売買代金は1兆6049億円と今年最低に落ち込んだ。

 日経平均は、前週比217円(1.15%)安の1万8769円と4週続落して取引を終えた。週間の振れ幅は420円と前週の1306円から大幅に縮小した。


 来週は、国内外ともに正月休みを控え、材料難もあって、薄商いで小動きの展開になりそうだ。重要イベントとしては、国内で28日朝に発表される11月鉱工業生産がある。


◆マーケット・トレンド(12月21日~12月25日)

【↓】 12月21日(月)―― 米株安・円高で続落、一時335円安も後場下げ渋る
 日経平均 18916.02( -70.78)  売買高23億5580万株 売買代金 2兆5382億円

【↓】 12月22日(火)―― 29円安と3日続落、祝日を前に方向感なく漂う
 日経平均 18886.70( -29.32)  売買高19億7459万株 売買代金 1兆9347億円

【-】 12月23日(水)―― 休場(天皇誕生日)

【↓】 12月24日(木)―― 4日続落、円高進行で寄り付き天井に
 日経平均 18789.69( -97.01)  売買高19億8707万株 売買代金 1兆9362億円

【↓】 12月25日(金)―― 20円安と5日続落、売買代金は今年最低に
 日経平均 18769.06( -20.63)  売買高19億1288万株 売買代金 1兆6049億円

◆セクター・トレンド(12月21日~12月25日)

(1)三井不 <8801> など不動産、東電 <9501> など電力株が売られた
(2)ファストリ <9983> など小売、キリンHD <2503> など食品といった消費関連株はさえない
(3)三菱重 <7011> など機械、東芝 <6502> など電機といった輸出株は続落
(4)金融株は野村 <8604> など証券、三菱UFJ <8306> など銀行が売られる一方、
  東京海上 <8766> 、損保JPNK <8630> など保険株が買い戻された
(5)日水 <1332> が牽引し水産株が大幅続伸

株探ニュース

日経平均