市場ニュース

戻る
2015年10月11日09時00分

【注目】今週の「妙味株」一本釣り!


●東急 <9005>  【目標株価】1100円(9日終値933円)

「渋谷再開発など追い風材料が多い」

 東急の900円台前半のもみ合い局面は買い場といえよう。東急グループの中核であり、鉄道事業は輸送人員で私鉄トップ。訪日客増加もホテル事業などにフォローの風となる。不動産開発にも注目。渋谷駅前開発や、二子玉川周辺エリアなど地価の高い地域をテリトリーとする同社にとって楽しみが多い。

 渋谷再開発では18年度に渋谷駅南側の高層ビル、さらに19年度には同駅東側に47階建ての高層駅ビルが開業する見通しで、中期的な収益成長シナリオにも期待大。2007年3月以来の4ケタ大台回復が有望視され、実質的な青空圏でさらなる上値追いも。


●アルプス <6770>  【目標株価】4200円(9日終値3355円)

「IoT事業の取り組みを積極化」

 アルプスが、あらゆるモノをネットにつなぐIoT(インターネット・オブ・シングス)事業の取り組みを積極化している。今月6日に企業のIoT事業への短期参入支援で日本IBMと連携することを明らかにしたほか、翌7日にはユニアデックス(東京都江東区)とIoT分野の先行的な市場開拓を共同で進めると発表。成長市場での同社の活躍が期待される。

 足もとでは、車載市場向け製品やスマートフォン市場向け製品が堅調に推移。9月28日には16年3月期上期(4-9月)の連結業績予想を、売上高は従来の3780億円から3940億円(前年同期比11.4%増)に、営業利益は240億円から310億円(同58.8%増)に引き上げた。通期業績予想は従来計画を据え置いたが、年末商戦に向けた電子部品の増産などが見込まれるなか再度、増額修正される可能性がある。

情報提供:日刊株式経済新聞

株探ニュース

日経平均