市場ニュース

戻る
2017年01月26日17時00分

【決算】明星電、今期経常を一転赤字に下方修正、配当も無配転落

明星電 【日足】
多機能チャートへ
明星電 【日中足】
 明星電気 <6709> [東証2] が1月26日大引け後(17:00)に業績・配当修正を発表。17年3月期の連結経常損益を従来予想の2.2億円の黒字→2.6億円の赤字(前期は1.1億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の9.2億円→4.4億円(前年同期は5.9億円)に51.7%減額し、一転して24.0%減益計算になる。

 業績悪化に伴い、従来1円を計画していた期末一括配当を見送り、6期ぶりに無配転落(前期は1円)とする方針とした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社の主力事業であります気象防災事業は、官公庁向け更新需要の端境期にあり、従来からの気象防災関連機器事業、IHI連携による水管理事業に加え、超高密度気象観測システム「POTEKA」、新型ゾンデ「iMS-100」等の新たなサービス、製品をもって、民間、海外への展開も重視した受注活動を進めてきました。しかしながら、こうした活動により一部受注成果も出てきており»続く

日経平均