貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
愛三工の【株価予想】を見る

7283愛三工業

東証P
714円
前日比
-7
-0.97%
比較される銘柄
豊田合, 
日野自, 
ミクニ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.4 0.46 4.20 12.11
時価総額 450億円

銘柄ニュース

戻る

愛三工、大豊工業などトヨタ系自部品会社への攻勢目立つ、電動化戦略でカギ握る存在

 愛三工業<7283>が40円を超える上昇で861円まで買われたほか、大豊工業<6470>も上値指向が鮮明。トヨタ自動車<7203>を筆頭株主に置く自動車部品メーカーへの買いの勢いが強い。愛三工は燃料ポンプや燃料噴射システムなど燃料系及び吸排気系を主力とするが、電動車制御システムの事業化に注力し、燃料電池車(FCV)用水素インジェクタや電気自動車(EV)インバータ用冷却ポンプなどで高い独自技術を持っている。また、軸受けやアルミダイカスト製品を手掛ける大豊工業は、バッテリーやモーター、パワーコントロールユニットなど電動化製品に傾注し、トヨタの燃料電池車「新型ミライ」向けでも同社のアルミダイカスト製品が使用されている。トヨタは世界の動きを勘案して、ここにきて電動化戦略におけるEVのウエートを高めており、その流れに乗る系列自動車部品会社に投資資金の攻勢が顕著だ。

出所:MINKABU PRESS



日経平均