貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更

6727 ワコム

東証P
732円
前日比
+16
+2.23%
PTS
732.3円
11:29 06/25
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.0 2.93 2.73 5.49
時価総額 1,069億円
比較される銘柄
富士通, 
パナHD, 
NEC

銘柄ニュース

戻る
 

前日に動いた銘柄 part2 大正製薬ホールディングス、西部技研、アーキテクツSJなど


銘柄名<コード>28日終値⇒前日比
ワコム<6727> 661 -24
特に材料はないが上値到達感は強まる状況で。

エムアップ<3661> 973 -41
心理的な節目割り込んで処分売り優勢。

トリドール<3397> 4135 -124
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

味の素<2802> 5642 +68
売出株の受渡期日迎えて商いが増加へ。

大正製薬ホールディングス<4581> 7545 +1000
MBO実施に伴うTOB価格へのサヤ寄せが続く。

西部技研<6223> 1916 +400
リチウムイオン電池製造工場向けの大型案件受注。

ナカノフドー<1827> 468 +69
資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応計画を策定。

住石HD<1514> 778 +90
麻生の買い増しが続く状況で。

ジオコード<7357> 941 +148
前期比増配発表以降は上値追いが続く。

SDエンター<4650> 306 +27
一時は79円高まで急騰だが目立った材料なし。

ナガオカ<6239> 997 +84
中国子会社が大口受注を獲得と発表。

ユークス<4334> 615 -150
業績下方修正を引き続きネガティブ視する動きに。

ジェイ・イー・ティ<6228> 6080 -1470
短期的な過熱感から利食い売りが優勢に。

AIメカテック<6227> 5500 -650
日証金では増担保金徴収措置。

ホーブ<1382> 2367 -401
27日に急騰の反動で利食い売りが優勢に。

ウェルスマネジ<3772> 1153 -131
サムティとの業務提携解消を発表。

テクニスコ<2962> 766 -133
直近急伸の反動で利食い売りが集まる展開に。

ANAP<3189> 303 -8
事業再生ADR債権者会議の27日は急騰となったが。

タカショー<7590> 577 -38
業績下方修正や配当計画の引き下げで。

ポート<7047> 2279 +77
販促支援サービスエネルギー領域で電力事業者からの成約単価改善。

Chatwork<4448> 535 -29
国内証券が投資判断と目標株価を引き下げ。

コンヴァノ<6574> 640 +100
引き続き第三者割当増資での10億円調達・借入金返済が手掛かり。

DELTA-P<4598> 1011 -36
27日に200日線を明確に下回り先安観強まる。28日は75日線も下抜け。

オキサイド<6521> 3505 -5
韓国光技術院との基本合意書締結が引き続き手掛かり材料だが
買い一巡後は利益確定売りに押される。

アイビス<9343> 1539 -111
1700円近辺の上値抵抗帯を上抜けず反騰機運萎む。

CINC<4378> 760 +32
23年10月期の営業損益予想を黒字に上方修正だが24年10月期は赤字の見通し。

アーキテクツSJ<6085> 929 +150
27日まで2日連続ストップ高の買い人気継続し3日連続ストップ高。

クリアル<2998> 4230 -500
27日ストップ高だが200日線に上値を阻まれる形に。

地盤ネットHD<6072> 200 +50
引き続き京都市による既存建物のデジタルツイン化技術採用を材料視。

《CS》

 提供:フィスコ

株探からのお知らせ

    日経平均