6707 サンケン電気 東証1 15:00
519円
前日比
+7 (+1.37%)
比較される銘柄: 新電元オリジンTDK
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.2 1.31 1.41

銘柄ニュース

戻る
2015年12月29日07時48分

前日に動いた銘柄 part1:JVCケンウッド、シャープなど


銘柄名<コード>⇒28日終値⇒前日比

新日本科学<2395> 421 +45
緑内障モデル及び加齢黄斑変性モデルの薬効薬理試験受託と。

JBR<2453> 257 +20
民泊関連の一角としても関心が向かう。

タムラ製作<6768> 358 +26
突っ込み警戒感から自律反発狙いの動きにも。

サンデンHD<6444> 378 +27
実質新年度入りで需給改善期待なども。

アイスタイル<3660> 2149 -84
優待権利落ちで換金売りも優勢となるか。

MonotaRO<3064> 3325 -115
権利落ちに伴う換金売りの動きに押される。

さくらインタ<3778> 636 +100
フィンテック関連のテーマ性や需給妙味で。

JVCケンウッド<6632> 314 +25
政府では自動運転の工程表を検討開始と。

日本農薬<4997> 745 +58
足元でのクミアイ化学の上昇など刺激にも。

日本コンクリート<5269> 357 +26
くいデータ流用問題で売られた銘柄の一角はリバウンド。

日本エンター<4829> 231 +16
スマホ向け交通情報サービスに新機能搭載と。

テクノスジャパン<3666> 3345 +310
自動運転関連として関心が向かう格好か。

ハーツユナイテッド<3676> 2664 +174
2500円レベルの上値抵抗線も突破で。

ユニデンHLDG<6815> 146 +15
節税対策売り一巡で自律反発か。

サンケン電気<6707> 427 +20
特に材料観測されず自律反発狙いの動きか。

シャープ<6753> 118 +8
鴻海が3000億円規模で買収提案と伝わり。

冶金工<5480> 143 +13
先週末には4フィート幅コイル製造に初めて成功と。

戸田工業<4100> 318 +21
パナソニックの中国電池工場建設受けリチウム電池関連として。

パイオニア<6773> 324 +20
自動運転関連の一角として関心向かう展開に。

アサツーDK<9747> 2922 -328
配当権利落ちが響く格好にも。

リニカル<2183> 1760 -105
株式分割の権利落ちで見切り売り優勢に。

ライトオン<7445> 1406 -109
第1四半期好決算発表も出尽し感先行。

オエノンHLDG<2533> 224 -11
配当権利落ちで換金売りが優勢に。

ネクスト<2120> 1424 -59
高値圏で利食い売り優勢の展開継続か。

Jフロント<3086> 1756 -91
順調な決算発表も足元の売上動向に懸念も。

飯田グループ<3291> 2136 -103
みずほ証券では投資判断を格下げ。

ロイヤルHLDG<8179> 2250 -125
配当・優待権利落ちで換金売り。

藤田観光<9722> 580 -18
インバウンド関連軟化や権利落ちで。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均