6619 ダブル・スコープ 東証1 15:00
1,759円
前日比
-99 (-5.33%)
比較される銘柄: 旭化成東レ高度紙
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
32.0 2.86 0.14 1.45

銘柄ニュース

戻る
2016年02月29日07時32分

先週末に動いた銘柄 part1:JDI、トリドールなど


銘柄名<コード>⇒2月26日終値⇒前日比

マネーパートナーズ<8732> 541 +80
引けにかけて急伸、買戻しなどが優勢か。

JDI<6740> 231 +17
国内有機ELメーカーのJOLED買収へと伝わる。

ベリサーブ<3724> 2632 +155
自動運転関連として物色向かう格好に。

日本ケミコン<6997> 153 +8
電子部品関連の中では出遅れ感も強く。

山陽特殊鋼<5481> 526 +24
鉄鋼株見直しの中で買戻しも。

コロプラ<3668> 1843 -111
ゲーム関連株安の流れに押される。

gumi<3903> 543 -25
ゲーム関連銘柄の軟調な動きに押される形へ。

サイバーAG<4751> 4625 -200
モルガン・スタンレーMUFG証券の目標株価下げで昨日から下げ目立つ。

十八銀行<8396> 255 +25
ふくおかFGとの経営統合が報じられている。

SMK<6798> 537 +18
発行済み株式数の2.85%を上限とする自社株買い実施で。

日新電機<6641> 997 +59
シャープの有機EL投資報道でメリット期待も。

ダブルスコープ<6619> 3580 -70
調整一巡感でリバウンド、成長期待根強く。

日立キャピタル<8586> 2410 +159
ゴールドマン・サックス証券では買い推奨に格上げへ。

トリドール<3397> 2304 +120
特に材料は見当たらないが好業績など背景に押し目買い。

ダイキョーニシカワ<4246> 1615 +88
売出実施による需給懸念も織り込み。

楽天<4755> 1088.5 +60.0
マッコーリー証券では格上げ観測も。

日新製鋼<5413> 1287 +47
鉄鋼株などにはリバウンド狙いの買いも。

日本ゼオン<4205> 715 +34
短期間での自社株買い実施発表で需給妙味も。

太陽誘電<6976> 1146 +29
25日には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断格上げ。

ベルシステム24<6183> 1000 +50
底値到達感から自律反発へ。

アコム<8572> 517 +25
25日線突破で買戻しも強まる格好に。

TDK<6762> 5850 +140
クレディ・スイス証券では買い推奨を継続へ。

NEC<6701> 288 +8
目立った材料観測されないが、電機大手で強い動き目立つ。

丸井G<8252> 1567 +42
取組妙味など強く買戻しが優勢か。

シャープ<6753> 132 -17
引き続き大規模な希薄化を嫌気する動き。

VOYAGE<3688> 1199 -136
フィンテック関連として連日で急伸の反動も。

広島ガス<9535> 362 -49
自己株式の処分を発表で需給懸念強まる。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均