4708 りらいあ 東証1 15:00
1,084円
前日比
-15 (-1.36%)
比較される銘柄: トランスコスベル24HDパソナG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.0 1.69 2.68 0.34

銘柄ニュース

戻る
2016年09月11日19時30分

高成長「始動」候補リスト 19社選出 <成長株特集>

 本特集では、製品・サービスの販売拡大もしくは買収や提携などにより、高成長に向けて動き始めた可能性が高い銘柄を探ってみた(9月9日現在)。

 下表では、時価総額1000億円以下の銘柄の中から、直近四半期に前年同期比で【10%増収・20%経常増益】を2四半期もしくは3四半期連続で達成した銘柄を“高成長「始動」候補”として19社を選び出し、直近四半期の増益率が大きい順に記した。連続で収益が拡大し始めた企業は、これから高成長が期待できる有力候補として注目していいだろう。

 増益率トップのシグマクシス <6088> [東証M]は付加価値の高いコンサルティング業務の受注が伸び、4-6月期(第1四半期)の経常利益は前年同期の700万円から1.3億円に急拡大した。2位の新日本建設 <1879> はマンションを中心とする手持ち工事が順調に進み、4-6月期の経常利益は3倍に膨らんだ。続く3位のサンフロンティア不動産 <8934> は不動産再生事業で利益率の高いオフィスビルを売却したことが収益を押し上げた。

 このほか、通期計画で50%以上の大幅経常増益を見込む、ファインデックス <3649> 、キャリアデザインセンター <2410> 、共栄タンカー <9130> などは高成長が有望視される。また、製造業で唯一ランクインしたモーター用自動巻線機の最大手、小田原エンジニアリング <6149> [JQ]は好業績・バリュー株として投資資金を呼び込み、株価は決算発表前の8月9日終値571円から2倍の1133円に跳ね上がっている。

              ┌─ 経常利益 ─┐ ┌─ 売上高 ─┐
コード 銘柄名    市場 増益率 直近四半期 増収率 直近四半期 予想PER
<6088> シグマクシス 東M  1800    133  15.2    2598  23.6
<1879> 新日本建   東1   204    2092  29.4   15632   4.6
<8934> サンフロ不  東1   154    3468  71.7   10403   7.9
<2398> ツクイ    東1   106    1157  10.9   17794  20.7
<4708> りらいあ   東1  80.9    1339  21.2   22260  18.7
<3649> ファインデ  東1  77.0    108  27.8    750  49.9
<2415> ヒューマン  JQ  58.8    840  10.5   18499   8.5
<4792> 山田コンサル JQ  56.8    392  42.8    2634  13.5
<8935> FJネクスト 東1  56.7    1824  46.7   14905   5.2
<1810> 松井建    東1  56.4    1278  23.6   20688   8.5

<6149> 小田原エンジ JQ  55.9    463  19.5    3173  11.0
<9639> 三協フロンテ JQ  53.7    1190  20.0    8550   7.1
<2410> キャリアデザ 東1  50.3    251  10.8    2173  10.0
<6032> インタワクス 東1  44.9    226  21.1    1050  16.8
<4847> インテリW  JQ  44.2    284  24.9    2320  25.1
<9130> 共栄タ    東1  39.3    390  13.2    3377   6.1
<4293> セプテニHD JQ  37.0    1188  24.2    4471  26.9
<4726> ソフバンテク 東1  26.5    234  16.0   10671  13.2
<5742> NIC    JQ  23.6    131  24.7    1681  11.1

※経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

日経平均