株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 アイピーエスの【株価予想】【業績予想】を見る

4390アイ・ピー・エス

東証M
7,400円
前日比
-410
-5.25%
比較される銘柄
ヒューマン
ウィルG
Career
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
32.5 6.27 483

銘柄ニュース

戻る

新興市場銘柄ダイジェスト:シェアリングTが大幅続伸、アマナは一時ストップ高


<6912> 菊水電子 925 +24
大幅に反発。8万株(0.9億円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株除く)に対する割合は0.96%。取得期間は7月1日から19年3月31日まで。同社は自社株買いの理由として、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行のためと説明している。

<3773> AMI 1861 +38
大幅に反発。13年5月27日に発行した第3回新株予約権の残存する全てを取得し、消却すると発表している。新株予約権の残存数は37個で、取得金額は1761.2万円。取得・消却日は7月13日。新株予約権の割当時と事業環境が変化しており、資金調達ニーズ、株式の希薄化、資本構成などの観点から取得・消却が企業価値向上に資すると判断した。

<2402> アマナ 850 +102
一時ストップ高。連結子会社のアマナデザインとサイバーエージェント<4751>が共同出資による合弁会社「Ca Design」を設立すると発表している。持株比率はサイバーエージェント66.6%、アマナデザイン33.4%。インターネット広告市場が拡大する中、コンテンツオプティマイゼーション(コンテンツの最適化)の具現化や高品質かつ大量生産ができる仕組みの開発、新たな広告表現の開発などを推進する。

<2321> ソフトフロン 117 -47
年初来安値を更新。18年3月期に債務超過となったことから、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄になった。猶予期間は18年4月から19年3月まで。固定資産の評価や子会社ののれん評価による減損損失3.09億円、投資有価証券評価損3.82億円、債務保証損失引当金繰入額3.06億円を計上した結果、純損失が17.40億円、純資産が2.39億円の債務超過となった。

<4390> ips 8340 +1180
急騰。27日に新規上場して以来、IPO人気の波に乗って買い優勢が続いている。上場に際して主幹事を務めたみずほ証券で個人向けインターネット取引サービスのシステム障害が26日から発生していたが、28日正午から復旧したことも買い安心感を生んでいる。

<4564> OTS 163 +6
大幅に3日ぶり反発。知的財産権を保有する抗FZD10抗体に関連する研究結果について、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構が報道発表している。滑膜肉腫がん細胞に結合してα線を放出する標的アイソトープ治療薬候補211At-抗FZD10抗体を作製し、滑膜肉腫モデルマウスに投与して、がん増殖抑制効果を確認したという。

<3989> シェアリングT 4793 +300
大幅に3日続伸。5万株(1.9億円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数に対する割合は0.82%。取得期間は7月2日から19年7月1日まで。今後、自社株を駆使したM&Aなど経営環境の変化に対応した機動的な資本政策及び株主価値向上を図るため。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均