4312 サイバネットシステム 東証1 15:00
615円
前日比
-3 (-0.49%)
比較される銘柄: 富士ソフト安川情報CRI
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
41.6 1.46 2.11 2.08

銘柄ニュース

戻る
2016年01月20日07時30分

前日に動いた銘柄 part1:富士石油、ルネサスエレなど


銘柄名<コード>⇒1月19日終値⇒前日比

サイバネット<4312> 460 +80
米社製の3次元ダイレクトモデラーの国内出荷開始と。

マネーパートナー<8732> 400 +20
ビットコインの参考レートをホームページ上で表示と。

市光工業<7244> 206 +10
ミラーレス開発で対抗などと報じられている。

富士石油<5017> 288 +13
原油市況は時間外取引で下げ止まり。

コア<2359> 1532 +69
自動運転関連の一角などに資金が向かう。

フュージョン<4845> 519 -39
18日にかけて急伸の反動で利食い売り。

プレナス<9945> 1854 -90
18日には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が来期も減益を予想と。

オカモト<5122> 877 -37
訪日外客数発表されるがインバウンド関連は上値重い。

グリコ<2206> 5740 -240
19日は食品セクターに売り圧力が強まる。

ファインデックス<3649> 913 +149
18日の業績上方修正には意外感も強く。

タカキタ<6325> 740 +100
値動きの軽さに短期資金の関心が続く。

任天堂<7974> 15990 +1330
メリルリンチ日本証券では投資判断「買い」に格上げ。

ルネサスエレ<6723> 808 +69
引き続き、日本電産による株式取得を思惑視で。

日写印<7915> 2214 +135
クレディ・スイス証券では「ニュートラル」に格上げ。

フォスター<6794> 2405 +110
特に材料観測されないが調整一巡感から自律反発か。

ドトール日レス<3087> 1950 +39
決算発表後は買戻しの動きが優勢か。

サトーHLDG<6287> 2346 +125
米インテルと小売業向けIoT事業を展開と。

日本CMK<6958> 363 +30
調整一巡感から低PBR水準是正の動きにも。

川崎汽船<9107> 223 +10
モルガン・スタンレーMUFG証券では海運セクター強気と。

山陽特鋼<5481> 539 +16
11月の特殊鋼鋼材の受注はプラスに回復と。

日本電産<6594> 8002 +319
ゴールドマン・サックス証券ではルネサスの取得はポジティブと評価。

トリドール<3397> 1982 -128
25日線割り込んで利食い売り圧力など強まる。

乃村工芸社<9716> 1469 -70
第3四半期の減益決算をマイナス視する動き継続。

ネクスト<2120> 1130 -54
月次発表接近で出尽し感なども警戒か。

アイスタイル<3660> 1641 -114
内需成長株の一角には利食い売り優勢の流れにも。

さくらインタ<3778> 1281 -91
依然として過熱警戒感は強い状況にあり。

GMOインタ<9449> 1360 -46
子会社の業績下方修正などもマイナス視。

アクリーティブ<8423> 396 -20
先週急騰の反動安が続く格好に。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均