市場ニュース

戻る
2016年01月19日17時00分

【市況】明日の株式相場見通し=イベント通過で売り圧迫軽減も、警戒根強く買い限定的

 あす(20日)の東京株式市場は、きょうの4日ぶりの反発で、投資家心理がやや正常に戻ることが期待され、日経平均株価は続伸となりそうだ。

 きょう午前に発表された中国の15年10~12月期の国内総生産(GDP)実質成長率が前年同期比6.8%増となったことへの東京株式市場の反応は限定的なもとなった。概ね市場予想に沿った内容だったこともあり、売り買いが拮抗する状態。

 市場関係者は「中国10~12月期GDPの内容が市場予想を下回れば、日経平均株価も大幅続落との見方があっただけに、“好結果”と判断したい。懸念されたイベントが通過したことで、売り圧迫がやや軽減されるのではないか」としている。

 ただ一方で、きょうも東証1部の売買代金は2兆1932億円と盛り上がりに欠けているうえに、値上がり銘柄数が861に対して値下がりが948(変わらずは126)と多いことなどから根強い警戒感も感じとれる。

19日の東京株式市場は、前日比終値を挟んで何度もプラス圏とマイナス圏を往来する気迷い相場となった。日経平均株価終値は、前日比92円80銭高の1万7048円37銭と4日ぶりに反発した。

 日程面では、1月の月例経済報告、12月の全国コンビニエンスストア売上高、18日時点の給油所の石油製品価格に注目。海外では、米12月の消費者物価指数、米12月の住宅着工件数、世界フォーラム年次総会(ダボス会議~23日)が焦点になる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均