1766 東建コーポレーション 東証1 09:58
7,180円
前日比
-80 (-1.10%)
比較される銘柄: 東急建設新日本建松井建
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.1 1.15 2.79 0.49

銘柄ニュース

戻る
2018年07月01日15時54分

東建コーポレーション<1766>のフィスコ二期業績予想


※この業績予想は2018年6月18日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東建コーポレーション<1766>

3ヶ月後
予想株価
10,500円

中京を地盤に「ホームメイト」を全国展開する大手建設請負会社。厳格な審査制度を元に地主に土地活用やアパート、マンションの経営を提案。東南アジアへの進出予定。18.4期は増収、約13%の営業増益着地。

19.4期は増収、営業益は4期連続の最高益更新予想。不動産賃貸事業は管理物件数増による手数料収入が増加。入居率も好調を維持し、建設事業をカバー。株価は売りに押されるが、業績の進捗とともに持ち直しへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.4期連/F予/338,500/19,900/20,560/13,520/1,005.95/200.00
20.4期連/F予/348,000/20,500/21,500/14,200/1,056.54/200.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/06/18
執筆者:NI

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均