1332 日本水産 東証1 15:00
502円
前日比
-11 (-2.14%)
比較される銘柄: マルハニチロ極洋サカタタネ
業績: 今期予想
水産・農林業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.0 1.59 1.00 5.06

銘柄ニュース

戻る
2016年10月20日07時32分

前日に動いた銘柄 part2:三菱重工、シャープ、ラオックス、富士フイルムなど


銘柄名<コード>⇒10月19日終値⇒前日比


田辺三菱製薬<4508> 2130 -66
J&Jの決算内容が警戒材料視される。

エムスリー<2413> 3495 -60
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。

国際帝石<1605> 1010.5 -26.5
原油市況堅調も利食い売りが優勢に。

イーガーディアン<6050> 1376 -22
9月高値接近で戻り売りが優勢にも。

LINE<3938> 4580 -90
JR九州上場に向けての換金売りなども意識か。

日立製作所<6501> 512.9 -9.9
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。

三菱重工業<7011> 440.3 +1.2
大型客船の受注凍結が伝わっているが。

三井化学<4183> 508 -7
BASF爆発事故手がかりに18日は強い動きとなる。

日本水産<1332> 467 +18
マルハニチロの好業績観測が刺激に。

富士フイルム<4901> 3975 +74
ゴールドマン・サックス証券では新規に買い推奨。

三菱商事<8058> 2411.5 +10.5
JPモルガン証券では目標株価を引き上げている。

フライトHD<3753> 874 +149
業績修正発表、上半期は一転して黒字化へ。

ウェルスマネ<3772> 990 +150
筆頭株主の移動発表後は上値追いへ。

杉村倉庫<9307> 333 +35
櫻島埠頭の連想感が強まるとも。

シャープ<6753> 156 +15
今期は3期ぶり営業黒字計画と伝わる。

ラオックス<8202> 869 +57
テンプルトンが5.22%の大量保有と伝わる。

クルーズ<2138> 2433 +240
機関投資家の買い観測もあり買い戻し加速か。

ベクター<2656> 815 -19
「リグレティア」正式サービス開始で出尽くし感も。

農業総合研究所<3541> 5360 +300
紀陽銀行<8370>と地方創生に向けた連携協力に関する協定。

チェンジ<3962> 5850 +780
「地域データ利活用促進業務」委託契約を鹿児島県と締結。

UMN<4585> 1217 -71
「UMN-0502」承認遅れ等で16年12月期業績予想を下方修正。

環境管理<4657> 503 +80
土壌汚染対策のフィールド・パートナーズと資本業務提携。

アサカ理研<5724> 2130 +400
レアメタル関連。19日より信用規制解除で物色向かう。

メタップス<6172> 2564 +500
強気の17年8月期計画を受けて18日ストップ高。

ストライク<6196> 11310 +1500
日本M&A<2127>で目標株価引き上げ観測も。

エージーピー<9377> 1130 +95
植物工場事業に関心集まりロシア関連とも。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均