市場ニュース

戻る

【特集】横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (27)上昇トレンド銘柄に素早く飛び乗るために、移動平均線はこう使え!

横山利香(ファイナンシャルプランナー、テクニカルアナリスト)

 個人投資家のみなさん、こんにちは! 株が大好き、認定テクニカルアナリストの横山利香です。

 ジャクソンホール会議、そしてパウエル議長の一挙一動に振り回された夏も終わり、季節は秋に移っています。しかし、米国の利上げやインフレを巡る報道などで株式市場が翻弄される日々は依然として続いています。日経平均株価は下値支持ラインとみられていた2022年3月、6月高値水準である2万8300円処を下回り、9月初旬には2万7200円台まで売り込まれました。しかし、そこから切り返すと足もとで2万8600円台を回復しています。 

 日経平均株価が2万9000円を超えたと思ったら、再び2万7000円台に押し戻される、でも気づいたらあっという間に2万8600円台まで急反発……。このように右往左往する株価の動きを見ていると、「往ったり来たりしすぎ! 買おうと思えば下がるし、売れば上がる! どの銘柄を選んで、いつ買えば儲かるの?」などと途方に暮れている人もいるかもしれません。そこで今回は、移動平均線を活用して、どのようなマーケットであっても強い銘柄を素早く探して、タイミングを逃さずに飛び乗る方法をご紹介していきます。



 



株探ニュース


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク