市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:米国株式市場は続落、地政学的リスクの上昇やFOMCを警戒


ダウ平均は450.02ドル安の34,265.37ドル、ナスダックは385.10ポイント安の13,768.92で取引を終了した。

ロシアによるウクライナ侵攻が警戒される中、政府がウクライナ駐留外交官の家族に対し国外退避を検討していると報じられると、警戒感が強まり、寄り付き後、下落。本日はオプション満期日にもあたり、関連取引が活発で終日荒い展開となった。引けにかけては来週に開催を控える連邦公開市場委員会(FOMC)を警戒して利益確定売りが先行し、一段と下げ幅を拡大。セクター別では自動車・自動車部品、メディア・娯楽が大きく下落した一方、家庭・パーソナル用品が大幅上昇した。

半導体素子メーカーのインテル(INTC)は、オハイオ州の半導体製造ハブに200億ドルの投資計画を発表し、堅調に推移。スポーツアパレルのアンダーアーマー(UAA)はアナリストの投資判断引き上げで上昇した。昨日一部商品の生産を一時停止するとの報道を受けて大きく売られた在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)は売られ過ぎとの見解にアナリストが目標株価を引き上げたことで上昇。

動画配信のネットフリックス(NFLX)が昨日引け後に発表した決算で第1四半期契約者数の予想を下回る見通しを示したことを受けて、関連事業を展開するエンターテインメントのディズニー(DIS)やデジタルメディアサービスを提供するディスカバリー(DISCA)などが警戒感から軒並み下落。鉄道会社のCSX(CSX)は第4四半期決算の内容が予想を上回ったものの、前年から需要が鈍化したと指摘したため、売られた。暗号通貨関連のオンライン決済のブロック(SQ)やペイパル(PYPL)、暗号資産取引所運営のコインベース(COIN)などは、仮想通貨安に連れて下落。

投資家の恐怖心理を示すVIX指数は一時29.79まで上昇し、年初来最高となった。

(Horiko Capital Management LLC)

《YN》

 提供:フィスコ


日経平均