市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月20日版

日経平均は週明け後の方向で10月中旬頃までの展開が見えてくる
1. NYダウは9月、10月のどちらかで押し目をつける公算
  NYダウは年間が強気に推移する年でも、米国の年度末を前に投資家の注目がその年度から翌年度の見通しに徐々に変わっていく中で様子見となることで、6月から9月頃までの期間、上値を抑えられやすい傾向があります。
 例年、9月、10月頃までが調整期間となっていることが多いため、11月、12月は価格が上昇しやすい傾向があります。
 実際、1990年~2020年までの期間で、11月、12月の月足が陽線引けした確率を調べると、11月、12月はどちらも74%となっていて、上昇する傾向が表れています。
 9月から12月までの期間で、いつ頃、押し目をつけているのかを調べると、1990年から2020年までの31年間では「9月が11回」、「10月が13回」、「11月が5回」、「12月が2回」となっています。ほとんどの年で、9月~12月までの期間では最安値を9月か、10月につけています。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均