市場ニュース

戻る

【材料】リクルートは3連騰で1カ月半ぶり新高値、アフターコロナの人材需要を先取り

リクルート <日足> 「株探」多機能チャートより
 リクルートホールディングス<6098>が3日続伸。5600円近辺を横に走る25日移動平均線を足場に上放れ、6月10日につけた年初来高値5832円を払拭して約1カ月半ぶりに年初来高値を更新した。総合人材サービス企業の看板に偽りなく幅広く人材に絡む分野で需要を開拓、そのなか求人情報検索エンジン「Indeed」が収益の成長ドライバーを担っている。国内外で新型コロナウイルスの感染拡大が懸念視されているが、ワクチン普及を背景としたアフターコロナを先取りする動きも株式市場では依然として根強い。同社は人材流動化の流れに乗ってビジネスチャンスが膨らむとの見方がここにきての物色人気を後押ししている。株式需給面でも、信用倍率は1.61倍とやや買い長だが、日証金では貸借倍率0.27倍と株不足の状態にあり上値が軽い。

出所:MINKABU PRESS

日経平均