市場ニュース

戻る

【材料】東エレク、SUMCOなど買われる、米半導体セクター軒並み高でエヌビディアは最高値

東エレク <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京エレクトロン<8035>、レーザーテック<6920>など半導体製造装置メーカーやSUMCO<3436>など半導体素材メーカーがいずれも上値指向。前日の米国株市場では、画像処理半導体大手のエヌビディア<NVDA>が上場来高値に買われたほか、半導体世界トップのインテル<INTC>や半導体製造装置首位のアプライドマテリアルズ<AMAT>、DRAM・フラッシュメモリー大手のマイクロンテクノロジー<MU>など半導体セクターに買いが集まり、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も4連騰と上昇に弾みがついている。東京市場でもここ上昇トレンド一服となっていた半導体関連株は、相対的な出遅れ感から戻り足を強める展開となっている。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2021年06月25日 09時13分

日経平均