市場ニュース

戻る

【材料】マザーズ指数が戻り足鮮明、75日移動平均線とのマイナスカイ離を解消

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東証マザーズ指数が4日続伸で戻り足を明示している。5月に入ってから急速に値を崩し、5月17日に1040近辺まで売り込まれたが、その後は立ち直り、直近は中長期トレンドの分水嶺である75日移動平均線とのマイナスカイ離を解消した。市場では、個人投資家のバロメーターとしてマザーズ市場を捉える向きも多く、直近では個人の投資マインド改善を物語っている。時価総額上位のメルカリ<4385>、フリー<4478>、マネーフォワード<3994>、JMDC<4483>、弁護士ドットコム<6027>などが高く、全体指数の上昇に貢献している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均