市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:NYダウ68ドル安、速やかな景気回復期待が後退

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式市場はまちま。ダウ平均は68.13ドル安の33677.27ドル、ナスダックは146.10ポイント高の13996.10で取引を終了した。予想を上回った3月消費者物価指数を受けインフレへの懸念が強まったほか、当局がジョンソン・エンド・ジョンソン製造の新型コロナワクチン接種中断を勧告したため、経済活動の再開が滞り回復が抑制されるとの懸念が広がり寄り付き後、下落した。長期金利の低下を受けてハイテクが強く、下値を支えた。その後、原油価格の上昇や政府が全国民への供給に十分なワクチンを確保していることを明らかにすると、警戒感が後退。引けにかけて下げ幅を縮小した。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇、銀行が下落した。

電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はマスク最高経営責任者(CEO)が車体整備所の構築を検討していると述べたほか、ビットコイン価格の上昇などが好感され上昇。投資会社アルティメーター・キャピタル・マネジメント(AGCUU)のSPACはシンガポールの配車サービス、グラブ・ホールディングスが同社との合併を通じて、米国市場へ上場すると発表し、大幅上昇。航空機メーカーのボーイング(BA)は2カ月連続でネットで航空機売り上げ増を報告し、上昇した。一方、製薬会社のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は当局による同社製コロナワクチンの接種中断勧告が嫌気され、下落。航空会社のデルタ(DAL)、ユナイテッド(UAL)なども、経済活動の再開の遅れが再び需要を抑制するとの懸念に、下落した。

携帯端末のアップル(AAPL)は20日にオンラインで「spring loaded」と題した新製品イベントを開催すると発表した。新型アイパッドプロなどの発表が予想されている。





Horiko Capital Management LLC

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均