市場ニュース

戻る

【特集】利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第2弾 31社選出 <成長株特集>

インソース <日足> 「株探」多機能チャートより
 本特集では、1月下旬から2月中旬までの決算発表集中期間に配信した「利益成長“青天井"銘柄リスト」を、“全期間”を対象に再構成した総集編をお届けします。今回は18日に配信した第1弾に続き、時価総額が500億円以上2000億円未満の東証1部銘柄を対象に、20年10-12月期に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ今期も最高益を見込む、いわゆる利益が“青天井”状況になっている銘柄をリストアップした。

 下表では、本決算月にかかわらず、10-12月期に経常利益が全四半期ベースの過去最高益を上振れて更新した銘柄をピックアップ。さらに、会社側が今期(通期計画)も過去最高益見通しを示している31社を選び出し、10-12月期の過去最高益に対する上振れ率が大きい順に記した。

 上振れ率トップとなったのはメドピア <6095> 。10-12月期(第1四半期)の経常利益は6.3億円と過去最高だった直前の7-9月期実績を70.8%も上回って着地。製薬企業における営業のオンライン化や12月期決算企業の広告需要増加を背景に、ドクタープラットフォーム事業で主力とする薬剤評価掲示板やWeb講演会の受注が大幅に増加したことが収益を押し上げた。

 2位の栄研化学 <4549> は独自技術であるLAMP法を用いた新型コロナウイルス検出試薬や遺伝子検査装置の販売が大きく伸び、10-12月期(第3四半期)は2四半期連続の最高益更新を遂げた。3位にリスト入りしたケイアイスター不動産 <3465> の10-12月期(第3四半期)は、コロナ禍によるライフスタイルの変化から住宅購入の需要が高まるなか、主力とする戸建て分譲住宅の販売棟数が大きく増加した。

 4位のインソース <6200> は主力の講師派遣型研修事業で高単価の民間企業向けオンライン研修が増勢だったほか、ITサービス事業では利益率の高い人材育成・教育管理システム「Leaf」の月額課金収入が伸びた。また、前期からスタートしたeラーニング・動画ECサイトの動画百貨店が好調だったことも寄与し、10-12月期(第1四半期)の経常利益は4四半期ぶりの過去最高益を達成した。

 選出リストには、第1弾に続いて、コロナ禍で新たな需要を捉え業績を伸ばした企業が目立つ。5位のKeePer技研 <6036> はSNSでのユーザー評価の上昇を背景に、高価格帯のコーティング施工が大幅に増加したことに加え、コロナ禍で車を長くきれいに乗り続けたいという需要が高まったことも追い風となった。14位のカー用品販売大手イエローハット <9882> は感染対策としてクルマやバイクでの移動が増加したことがプラスに働いたほか、全国的な冷え込みで冬季用品の販売が伸びた。

 また、19位のG-7ホールディングス <7508> はフランチャイズ展開するカー用品店のオートバックス事業の収益が拡大したほか、業務スーパー事業では新型コロナウイルスの感染拡大で高まった内食需要を取り込んだ。8位の食肉卸大手スターゼン <8043> と15位のハム・ソーセージが主力のプリマハム <2281> はともに家庭向け販売が好調だった。

 このほか、10位のブイキューブ <3681> はテレワークの普及でWeb会議サービスの需要が増加したことに加え、イベントのオンライン化で製薬業界を中心としたセミナーの配信ビジネスが急増し、10-12月期(第4四半期)は四半期ベースの最高益を6年ぶりに塗り替えている。続く11位のスノーピーク <7816> は3密を避けられるレジャーとしてキャンプ需要の高まりが追い風になったほか、12位アルペン <3028> はコロナ禍でゴルフやアウトドアが人気化し、関連用品の販売が大きく伸びた。

           ┌─ 四半期 経常利益 ─┐ ┌── 通期 経常利益 ──┐ 予想
コード 銘柄名     上振れ率 10-12月 過去最高 上振れ率 今期予想 過去最高  PER
<6095> メドピア     70.8   637   373   42.5   1610   1130  136
<4549> 栄研化      62.3  2862   1763   20.1   5670   4723 18.7
<3465> ケイアイ不    60.6  4494   2798   83.6  11600   6317  8.1
<6200> インソース    58.8   659   415   62.6   2110   1298 68.1
<6036> KeePer   55.1  1106   713   97.0   2705   1373 35.6
<4694> BML      51.0  7942   5258   60.8  17500  10880 14.5
<3983> オロ       45.0   706   487   13.3   1940   1713 45.1
<8043> スターゼン    40.1  4138   2954   21.0   8800   7270  7.9
<1890> 東洋建      38.5  4857   3506    1.6  10700  10534  8.3
<3681> ブイキューブ   38.2   470   340   83.3   1870   1020 41.9

<7816> スノーピーク   35.4   750   554   31.5   2040   1551 53.8
<3028> アルペン     34.3  6893   5131    9.5  14740  13462 11.2
<3836> アバント     29.8   823   634    2.1   2330   2282 39.5
<9882> イエロハット   29.6  6990   5394   17.2  13000  11095 10.9
<2281> プリマ      24.3  7278   5854   28.6  20700  16102 14.6
<3085> ALサービス   22.7  1561   1272    2.7   5000   4868 25.0
<5011> ニチレキ     22.0  3893   3190   14.6   9000   7853  8.3
<2491> Vコマース    17.0  1782   1523   10.0   6900   6271 25.0
<7508> GセブンHD   16.8  2608   2232   16.8   7000   5995 15.3
<9058> トランコム    13.8  2743   2411    4.8   7770   7417 16.8

<9375> 近鉄エクス    12.5  9225   8200   45.4  29000  19939 11.7
<9069> センコーHD   11.6  7896   7078    2.7  21300  20744 12.2
<9302> 三井倉HD    10.8  5333   4815   39.8  15500  11087  6.0
<3844> コムチュア     7.3   894   833    6.2   3045   2867 42.3
<6099> エラン       7.0   598   559    8.5   2330   2148 57.6
<6541> グレイス      6.7   351   329    5.6   1000   947 89.7
<6564> ミダック      6.2   552   520   18.6   1715   1446 64.1
<4626> 太陽HD      4.8  3834   3657   17.9  13200  11199 19.6
<2733> あらた       4.4  3832   3669   11.6  11300  10124 11.0
<8771> イー・ギャラ    1.9   789   774    9.1   3000   2751 50.1

<9068> 丸全運       0.5  2589   2576    5.5  10000   9477 10.2

※ 2020年1月以降に上場した企業と今期見通しを開示していない企業は除いた。四半期の過去最高益は原則、四半期決算の開示が本格化した03年4-6月期以降の業績に基づいたものです。


⇒⇒『株探』では、最高10万円が当たる!「個人投資家大調査-2021」を実施しています。
 
⇒⇒アンケートにご回答いただいた方から、抽選で「QUOカード」を1名の方に10万円分、2名の方に5万円分、30名の方に5000円分を差し上げます。

⇒⇒アンケートのご回答はこちらからお願いします。

株探ニュース

日経平均