市場ニュース

戻る

【市況】13日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は8ドル安と反落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 13日の米株式市場では、NYダウが前日比8.22ドル安の3万1060.47ドルと反落した。

 バイデン次期大統領が14日に発表を予定している追加経済対策への期待が高まるなか、この日は景気敏感株などに対する利益確定売りが膨らんだ。米長期金利の低下を受け銀行株などが値を下げた。ただ、ハイテク株は堅調でナスダック指数は上昇した。キャタピラーやボーイングが安く、デュポンやナイキが値を下げた。ウェルズ・ファーゴやバンク・オブ・アメリカが売られた。半面、アップルやアマゾン・ドット・コム、マイクロソフトが高く、インテルやズーム・ビデオ・コミュニケーションズが値を上げた。プラグ・パワーが買われテスラも上昇した。

 ナスダック総合株価指数は、56.517ポイント高の1万3128.951と続伸した。出来高概算は、ニューヨーク市場が9億4467万株だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均