市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 9月13日版

NYダウは週明け後に上昇するなら、10日の安値が9月の最安値になる公算も
1.本年9月のNYダウは弱気有利だが、積極的に下げなくてもいい状況
 前回も書きましたが、本年9月の NYダウは月足が陰線引けする可能性があります。
 米国では、追加の新型コロナ経済対策案を早期に合意すると考えられていましたが、依然として与野党の対立が続き、歩み寄りが見られません。積極的に買われにくい時期に買いを後押しする材料が見当たらない状況のため、9月の早い時期に新たな上昇を開始する展開にはならないと考えられます。
 本年9月末の値位置は、過去の値動きの経験則に従って、9月1日の始値2万8439ドル以下になる公算です(目先の価格が上昇を開始して、2万8439ドルを超える展開になる場合、月末へ向けて2万8439ドル以下になるという見方ができます)。
 上げやすい時期を前にした下げ場面での下げ幅の大きさには、上昇を開始後の市場参加者の上値への期待の度合いの違いによって、2通りの見方があります。
 上昇を開始後、上げ幅が十分に期待できる状況なら、調整局面での下げは積極的に値幅の大きな下げを作る必要がありません。下げなくても、次の上昇を開始する場面で十分な利益を得られると想定できるからです。
 一方で、調整前の高値以上への上げ余地が限られると推測できる場面では、調整時の下げ幅が大きくなります。上値余地が限られる場面では、上げやすい時期に積極的な買いを入れるための十分な値幅を、下げによって作り出す必要があるからです。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均