市場ニュース

戻る

【市況】【杉村富生の短期相場観測】 ─「日本株は出遅れ!政治の季節が株高を支援!」

経済評論家 杉村富生

「日本株は出遅れ!政治の季節が株高を支援!」

●NY市場の「ITバブル崩壊」はあり得ない話!

 NY市場は波乱含みの展開となっている。S&P500指数、ナスダック指数は史上最高値を更新中だったし、NYダウは2月12日の史上最高値(2万9551ドル:終値ベース)奪回目前に迫っていた。とりあえず、「利食っておこう」とのムードが台頭するのはやむを得ない。しかし、ニューノーマル(新常態)を背景とする世界的な株高は始まったばかりである。

 ウォール街では巨大IT企業の株価急落を受け、「2000年2~3月のITバブル崩壊」を危惧(連想)する声が聞かれる。だが、当時とは状況がまったく違う。

 すなわち、2000年はFRBが金融引き締めを強行、景気が失速し、IT企業の業績は悪化した。現在はどうか。IT企業の業績はGAFA+M(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム+マイクロソフト)を中心に好調だ。さらに、ドキュサイン、セールフォース・ドットコム、オクタなど新しい世界的な成長企業が次々に登場している。

 景気は底練り状態だ。これ以上、悪くなりようがない。それに、低金利、低物価、低成長が継続する。コロナショックによって、本格的なデジタル社会が到来、新常態は株式の時代の訪れを告げている。そのメインはNY市場だ。このままピークとはならないと思う。

 もちろん、NY市場がハシャギすぎた面はある。いかに、国際マネーが集中したとはいえ、やりすぎだ。なにしろ、NY市場(ナスダック市場を含む)の時価総額は3992兆円と、東京市場の6.5倍に膨らみ、GAFA+Mの時価総額は815兆円、テスラの時価総額は44兆円(9月1日時点)になっていた。まあ、これは異常だったのではないか。

●物色面ではド真ン中の銘柄を! 小物は…?

  水素トラックのニコラの時価総額は2兆円を超えた。テスラの時価総額はトヨタ自動車 <7203> の時価総額(23兆円)の2倍弱だ。水素トラックを開発中のいすゞ自動車 <7202> の時価総額は8636億円、同じく日野自動車 <7205> は3976億円にすぎない。ニコラはこれから工場を作るという話だ。確かに、夢はある。

 ただ、行き過ぎは修正される。逆に考えると、日本株は出遅れが著しい。加えて、新政権が誕生、「菅首相」はオンライン診療電子行政などデジタル社会に向けての施策を打ち出すだろう。解散総選挙は年内の可能性がある。タイミング的にはここしかない。株式市場では「総選挙は買い」という。

 物色面ではまず、ド真ン中の銘柄を攻めたい。本命は値動きが良好なソフトバンクグループ <9984> だろう。配当利回り6%の三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> は9月中間配当取りを兼ねて狙える。日本郵船 <9101> は出直り。3月IPOの株価不振組のフォーラムエンジニアリング <7088> はそろそろのタイミングだろう。

 小物はどうか。電子カルテのソフトマックス <3671> [東証M]、国策に沿うITbookホールディングス <1447> [東証M]にはチャート妙味を指摘できる。

 このほか、急動兆の浜井産業 <6131> [東証2]、底打ちのポエック <9264> [JQ]などが狙い目となる。

2020年9月11日 記

株探ニュース

日経平均