市場ニュース

戻る

【材料】大正薬HDが後場一段高、海外セルフメディケーション事業急拡大で第1四半期2ケタ営業増益

大正薬HD <日足> 「株探」多機能チャートより
 大正製薬ホールディングス<4581>が後場一段高。午後0時30分ごろに発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高750億2300万円(前年同期比24.5%増)、営業利益93億8900万円(同12.8%増)と2ケタ営業増益となったことが好感されている。

 ハウザン社(ベトナム)やUPSA社(フランス)の連結子会社化により、海外セルフメディケーション事業が急拡大したことが牽引役となった。また、医薬事業で骨粗鬆症治療剤「エディロール」、2型糖尿病治療剤「ルセフィ」、骨粗鬆症治療剤「ボンビバ」などが伸長したことも寄与した。最終利益はハウザン社の子会社化に伴う段階取得差益がなくなったため、60億6400万円(同44.9%減)となった。

 なお、21年3月期通期業績予想は、売上高2895億円(前期比0.3%増)、営業利益200億円(同5.4%減)、最終利益130億円(同35.6%減)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均