市場ニュース

戻る

【特集】「eコマース」が7位、巣ごもり消費継続でネット通販関連株に関心<注目テーマ>

ベガコーポ <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 コロナウイルス
3 テレワーク
4 5G
5 2020年のIPO
6 ホームセンター
7 eコマース
8 電子書籍
9 サイバーセキュリティ
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「eコマース」が7位となっている。

 20年4~6月期の決算発表が進むなか、好業績のネット通販関連株に物色の矛先が向かっており、これが「eコマース」への関心を高めているようだ。なかでも、急速に人気化しているのが、家具販売サイトを運営するベガコーポレーション<3542>だ。前週末31日に発表した通期見通しの大幅上方修正を手がかり材料に前日まで連続のストップ高となり、きょうも大幅高となっている。

 また、物色の流れは大型株でもみられ、衣料品通販サイトを運営するZOZO<3092>や同社親会社のZホールディングス<4689>も、好業績を背景にストップ高に買われる日があった。

 ここ最近、新型コロナウイルスの感染者数が急増しており感染収束の道筋は見えないが、そうしたなかで今後も巣ごもり需要は伸びることが予想される。それにともない、ネット通販市場の拡大も期待できることから、関連銘柄への関心は継続しそうだ。代表的な銘柄としては前述の銘柄に加え、楽天<4755>や千趣会<8165>、アスクル<2678>、エニグモ<3665>、クルーズ<2138>など。靴と衣料品の通販サイトを運営するロコンド<3558>やネット通販サイト「リコメン堂」を運営するジェネレーションパス<3195>、健康食品や化粧品などのカタログ・ネット販売を行うティーライフ<3172>にも注目。

 そのほか、夢展望<3185>、ストリーム<3071>をはじめ、フォーシーズホールディングス<3726>や白鳩<3192>、夢みつけ隊<2673>などがある。

出所:MINKABU PRESS

日経平均