市場ニュース

戻る

【特集】「電子書籍」が8位にランク、新型コロナ感染再拡大で上昇機運<注目テーマ>

パピレス <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 デジタルトランスフォーメーション
2 テレワーク
3 コロナウイルス
4 5G
5 ホームセンター
6 2020年のIPO
7 半導体
8 電子書籍
9 サイバーセキュリティ
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電子書籍 」が8位となっている。

 足もとで新型コロナウイルスの国内での感染が広がるなか、電子書籍への物色人気が高まっている。電子書籍関連銘柄は、今春の新型コロナ第1波の際に、最初に人気が高まったテーマのひとつだが、今夏の感染再拡大とともに改めて物色の矛先が向かっている。

 新型コロナの感染拡大による外出自粛で、余暇をスマートフォンやタブレットを使って電子書籍を読む時間が増える、との見方が多い。主な関連銘柄は電子書籍の先駆け的存在であるパピレス<3641>や取次を主力とするメディアドゥ<3678>、マンガを主力とするイーブックイニシアティブジャパン<3658>、それに電子雑誌を扱うブランジスタ<6176>、オンライン書店を展開する富士山マガジンサービス<3138>、「まんが王国」を運営するビーグリー<3981>、マンガアプリを展開するand factory<7035>など。

出所:MINKABU PRESS

日経平均