市場ニュース

戻る

【特集】ジェネパ Research Memo(3):自社運営のEC事業、マーケティング機能をサービスするECサポート事業が主力

ジェネパ <日足> 「株探」多機能チャートより

■ジェネレーションパス<3195>の事業概要

同社グループの事業は、ECマーケティング事業と商品企画関連事業、その他にて展開される。

(1) ECマーケティング事業
ECマーケティング事業は、同社グループが直接運営するネット通販サイト「リコメン堂」などを通じて一般消費者向けに商品販売を行う「EC事業」と、同社グループの各種マーケティング機能を、ECサイト運営を検討中もしくは既に運営しているクライアント企業向けにサービス提供する「ECサポート事業」とに分けられる。

a) EC事業
マーケティングの基礎となるビッグデータを、同社グループが運営するネット通販サイト「リコメン堂」のほか、楽天市場などのECモールやインターネット全体から収集・分析し、同社グループと取引のあるメーカー及び卸売業者から提案された商品について、消費者の購買につながる可能性の高いキーワード、商品画像、価格等を設定し、同社グループECサイトで販売を行う事業である。

同社グループは、「EPO」という独自かつ汎用性のあるマーケティング手法(詳細後述)を活用し、インテリア、ファッション、美容コスメ、スポーツ、キッズ・ベビー、家電、食品、日用品など、幅広いジャンルの商品を取り扱っている。店舗については主に「リコメン堂」の屋号で、ジャンル別に複数のモールにまたがり、計66店舗が出店し、取扱商品数は約168万点(いずれも2020年4月30日時点)に上る。

b) ECサポート事業
同社グループの各種マーケティング機能を、今後ECサイトの運営を検討中、または既に運営している企業向けに提供する事業である。同社グループが獲得した各種マーケティングデータを活用し、戦略的なECサイトの構築及び運営代行や、対象となるECサイトへの売れる商品情報の提供、店舗デザインの編集、商品構成(選定)と最適な検索キーワード及び商品ページの作成、集客、顧客対応等の運営支援を全般的に行うサービスとして提供している。

(2) 商品企画関連事業
同社グループのECマーケティング事業で獲得した商品データを活用し、商品の企画開発・製造を行う事業である。具体的には、売れ筋データ分析によるメーカーへの新規商品の企画提案、高品質かつ高採算商品の製造のための海外工場との直接連携による生産管理体制の構築、同社ECマーケティング事業及びインターネット市場全体の分析による、実店舗への情報提供及び商品提供を行う。

(3) その他事業
子会社の(株)トリプルダブルが行うソフトウェアの受託開発及びシステム開発事業、及びメディア事業(ECマーケティングデータを活用したメディア関連・情報発信業務)である。

(4) 「EPO」について
「EPO」とは、「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」、「Amazon」等に代表されるECモールをマーケティングインフラとして捉え、それぞれのECモールごとにおける特性をデータとして蓄積し、対象となる商品について、販売に最適な各種条件の設定をしていくものである。そして、同社グループECサイトにて販売を行い、その売れ行き状況を判断材料とし、より効果の高い販売結果を導き出すサイクルを実現するものである。ECモールによらない単独サイトでの販売に比べてサイト開設時の初期コストが圧縮できるほか、集客費や広告費が節約され、効率的なマーケティングが行えるという特長がある。

「EPO」のサイクルは、1)収集・分析、2)集客、3)実行(販売)、4)検証の4つの機能から構成され、このサイクルを実現するためには、1)多種商品調達力、2)多店舗運営能力、3)ローコストオペレーション、4)システム開発力・分析力の4つの基礎能力が必要とされる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)

《EY》

 提供:フィスコ

日経平均