市場ニュース

戻る

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

NTN <日足> 「株探」多機能チャートより

■NTN <6472>  224円 (-14円、-5.9%)

 東証1部の下落率2位。NTN <6472> が続急落。同社は17日大引け後に決算を発表。20年3月期の連結最終損益は439億円の赤字(前の期は69.5億円の赤字)に赤字幅が拡大したが、従来予想の5億円の黒字を下回り、黒字予想から一転して赤字で着地。なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。

■ゲームウィズ <6552>  595円 (-24円、-3.9%)

 GameWith <6552> が大幅続落。17日取引終了後、20年5月期連結業績予想の下方修正を発表したことが嫌気された。売上高は32億1700万円から28億8900万円に修正したほか、営業利益は6億1600万円から4億700万円、純利益は4億2000万円から2億1500万円に見直した。 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛に伴い、自宅でゲームを行う人が増えホームページの閲覧数は計画を上回ったが、多くの企業が広告出稿を控えたことで広告単価が計画を下回ったことが響いた。第4四半期(3-5月)では、売上高が計画に対し2割未達となったこともあり、今期業績予想を修正した。

■高砂熱 <1969>  1,697円 (-49円、-2.8%)

 高砂熱学工業 <1969> が続落。SMBC日興証券は17日、同社株の投資評価を「1」から「2」へ引き下げた。目標株価は2050円から1890円に見直した。同証券では、21年3月期の連結営業利益を従来予想から30億円減額し160億円に修正した。今期は大型工事に端境期に当たるとともに、新型コロナウイルスの影響で受注当期完成工事が減少すると想定されることから、6期ぶりの営業減益を予想している。また、配当性向30%に基づき今期の減配も見込んでいる。

■国際石開帝石 <1605>  711円 (-12.8円、-1.8%)

 国際石油開発帝石 <1605> 、石油資源開発 <1662> 、JXTGホールディングス <5020> などが売られる展開となった。17日のWTI原油価格は3日ぶりに反落し1バレル=38ドル台を再び割り込んだ。原油市況はここ世界景気の回復期待を映し戻り足を強めていたが、直近は米国や中国などで新型コロナウイルス感染第2波への警戒感もあって40ドル大台目前で上値が重くなった。米国株市場でシェブロン、エクソンモービルなどエネルギー関連株が売られ、NYダウの下げに影響した。東京市場でも資源開発や石油元売り企業の株価にネガティブな流れとなった。

※18日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

日経平均