市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):ヘリオスTH、ラクーンHD、ブイキューブ

ヘリオスTH <日足> 「株探」多機能チャートより
■ヘリオスTH <6927>  383円  +39 円 (+11.3%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
 ヘリオス テクノ ホールディング<6927>は急反騰。8日の取引終了後、 子会社フェニックス電機が不織布マスクの生産販売事業を開始すると発表しており、これが好感された。新型コロナウイルス感染症の拡散防止のため、マスクの生産設備を早急に導入し、4月下旬から生産を開始する予定で、当初は1日に約8万枚を生産し、その後20万枚への増産を目指すという。まずは姫路市と協力して病院や福祉施設などに供給し、その後全国のマスク需要に対応するとしている。

■ラクーンHD <3031>  563円  +51 円 (+10.0%)  本日終値
 ラクーンホールディングス<3031>が後場急伸。午後2時ごろ、子会社ラクーンコマースが運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の3月の出展契約数が前月比2.1倍に急増したと発表しており、これが好感された。スーパーデリバリーはメーカーと小売店・サービス業などの事業者が利用できる卸・仕入れサイト。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、メーカーが展示会の中止や対面での営業自粛を余儀なくされているなか、出展基本料が3カ月間無料となるサポートプランを開始したことが、出展契約数の増加につながったとしている。また、非対面での販路拡大や代金の未回収リスクゼロというサービス特性も寄与したとみている。

■ブイキューブ <3681>  1,164円  +84 円 (+7.8%)  本日終値
 ブイキューブ<3681>、ソリトンシステムズ<3040>などテレワーク関連株の一角が高い。3月半ばから急速に買われたことで4月に入ってからは上昇一服となっていたが、7日に緊急事態宣言が発令されテレワークに更なる関心が集まるなか、きょうは再び物色の矛先が向かった。また、ここにきて新たな物色の動きも出てきており、これまで新型コロナの影響をもろに受け売り込まれていたカラオケ銘柄のなかから、鉄人化計画<2404>がテレワーク関連として急浮上している。同社はカラオケ店の個室をテレワークスペースとして貸し出すサービスの開始を発表しており前日まで連続でストップ高、きょうも一時ストップ高に買われた。

■マークラインズ <3901>  1,622円  +110 円 (+7.3%)  本日終値
 マークラインズ<3901>が続急伸。同社は自動車産業に特化した有料ポータルサイトを展開。14年12月の上場以来、売上高、営業利益ともに過去最高を更新している成長企業だ。8日取引終了後、3月の「情報プラットフォーム」契約企業数は前月比23社増の3346社となったと発表。足もとで新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなか、国内外で契約企業数の増加を続けており、これを好感する買いが向かったようだ。

■クラウドワークス <3900>  885円  +35 円 (+4.1%)  本日終値
 クラウドワークス<3900>は大幅高で3日ぶりに反発。午前11時ごろ、新サービス「CrowdLinks(クラウドリンクス)」の登録企業数が、サービス開始3カ月で200社を突破したと発表しており、これが好感された。同サービスは、“企業と個人の新しいつきあい方”をコンセプトに、「仕事を依頼したい企業」と「副業・兼業で経験・スキルを発揮したい個人」を、インターネットで素早くマッチングするサービス。なお、同社では登録企業数200社突破を記念し、スタートアップ企業を対象に、次回の資金調達までマッチング費用20万円が何度でも無料となる「スタートアップずっと割」キャンペーンを行っている。

■環境管理センター <4657>  380円  +15 円 (+4.1%)  本日終値
 環境管理センター<4657>が大幅高。きょう付けの日本経済新聞電子版で「政府は石綿を少しでも使ったすべての建材に対策を義務付ける方針だ」と報じており、環境総合コンサルタント事業を展開しアスベスト(石綿)調査の実績が多い同社に思惑的な買いが入った。記事によると、これまでの規制は、壁の表面に石綿が吹き付けられている場合やボイラーや配管などの周りに断熱材として貼り付けられていた場合に限っていたが、これまで飛散しにくいとされてきた建材の一部からも、わずかな量飛散することが分かってきたため対策を強化するとしている。

■シャノン <3976>  1,149円  +24 円 (+2.1%)  本日終値
 シャノン<3976>は高い。この日の昼ごろに、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM」のオンラインカンファレンスサービスを提供すると発表しており、これを好感する買いが入った。オンラインカンファレンスサービスは大規模なカンファレンスやフォーラムをオンラインで実現するサービス。事前登録から会員管理、メール配信まで揃ったイベントシステムを提供するほか、ライブ配信やオンデマンド配信が選択できるという。また、配信機材や音響機材を利用した当日の撮影サービスにも対応している。

■GameWith <6552>  476円  -39 円 (-7.6%)  本日終値  東証1部 下落率3位
 GameWith<6552>は急反落。8日大引け後に20年5月期第3四半期累計(19年6月~20年2月)の連結業績を発表。売上高が22億700万円(非連結の前期は23億2800万円)、経常利益は3億8100万円(同6億1500万円)だった。1月までは堅調に推移したものの、2月は新型コロナウイルス感染症の影響で、特に海外企業から広告出稿数が減少し、併せて広告単価に影響が出始めているという。今後も業績に影響が生じる可能性があるとしており、業績下振れを懸念する売りが向かったようだ。

■モロゾフ <2217>  5,050円  -230 円 (-4.4%)  本日終値
 モロゾフ<2217>が反落。8日の取引終了後、21年1月期単独業績について、売上高を286億円から269億円(前期比3.1%減)へ、営業利益を10億円から2億2000万円(同86.9%減)へ、純利益を6億円から5000万円(同95.4%減)へ下方修正したことが嫌気された。従来は新型コロナウイルス感染症の影響を20年4月まで織り込んでいたが、今後も百貨店や駅ビルなどの商業施設への来店客数の減少に加えて、休業や営業時間の短縮が続くことが想定され、7月ごろまで影響が続くと想定したという。

●ストップ高銘柄
 gbHD <6557>  1,410円  +300 円 (+27.0%) ストップ高   本日終値
 ソフトマックス <3671>  856円  +150 円 (+21.3%) ストップ高   本日終値
 ツインバード工業 <6897>  464円  +80 円 (+20.8%) ストップ高   本日終値
 ステムリム <4599>  469円  +80 円 (+20.6%) ストップ高   本日終値
 ベストワンドットコム <6577>  1,780円  +300 円 (+20.3%) ストップ高   本日終値
 など、20銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均