市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 5日ぶり小反落、コロナ感染懸念も日銀ETF買いへの期待 (4月9日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  19376.00
高値  19406.96(09:10)
安値  19158.55(13:23)
大引け 19345.77(前日比 -7.47 、 -0.04% )

売買高  13億6889万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆2997億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は5日ぶり小反落、引け際下げ渋るもマイナス圏着地
 2.前日の米国株市場急伸も、前日までの上げの反動で利食い売り
 3.新型コロナウイルス感染に対する懸念も日銀ETF買いへの期待
 4.オプションSQ目前、あすは欧米株市場など休場で手控えムード
 5.値上がり銘柄数、値下がり銘柄数ともに1000を上回り拮抗

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比779ドル高と反発した。新型コロナウイルスの感染ピークアウト観測とサンダース大統領選撤退を好感され買いが優勢となった。

 東京市場では売り買い交錯となり、日経平均株価は前日終値を挟んで方向感の伴わない動き。結局、小幅マイナス圏で着地した。

 9日の東京市場は、軟調な地合い。前日の米株急伸も今週に入って日経平均は1500円以上の上昇をみせていたこともあって、利益確定の売り圧力が表面化し下値を試す動きとなった。ただ、朝方は為替のドル高・円安などを背景にプラス圏で推移する場面もあった。新型コロナウイルスの感染拡大による景気の先行き不透明感に対する警戒感は強いものの、下値では日銀のETF買いへの期待もあり、後場はいったん売り優勢に傾いたものの引けにかけ下げ幅を縮小した。あすにオプションSQ算出を控えるほか、明日は欧米株市場をはじめ海外の主要市場が総じて休場ということもあり、売り買いともに手控えられる展開となった。東証1部の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数はいずれも1000に乗せ拮抗している。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984>がしっかり、ファーストリテイリング<9983>、東京エレクトロン<8035>も堅調。ファナック<6954>が上値指向、神戸物産<3038>も高い。このほか、メディアカル・データビジョン<3902>がストップ高に買われ、蛇の目ミシン工業<6445>も大幅高に買われた。ヘリオステクノホールディングス<6927>も活況高となった。
 半面、富士フイルムホールディングス<4901>が大きく値を下げ、トヨタ自動車<7203>も軟調。オリエンタルランド<4661>が安く、NTTドコモ<9437>も売られた。デンカ<4061>も売りに押された。ビックカメラ<3048>が大幅安、ライオン<4912>が下落したほか、インターネットイニシアティブ<3774>なども大きく利食われた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、東エレク <8035> 、SBG <9984> 、TDK <6762> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約64円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄は富士フイルム <4901> 、KDDI <9433> 、花王 <4452> 、ファミマ <8028> 、中外薬 <4519> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約39円。

 東証33業種のうち上昇は13業種。上昇率の上位5業種は(1)鉱業、(2)海運業、(3)非鉄金属、(4)ガラス土石製品、(5)ゴム製品。一方、下落率の上位5業種は(1)陸運業、(2)証券商品先物、(3)食料品、(4)精密機器、(5)パルプ・紙。

■個別材料株

△トランスG <2342> [東証M]
 炎症可視化マウスに関する欧州特許査定を取得。
△ラクーンHD <3031>
 「スーパーデリバリー」3月出展契約数が前月比2.1倍に急増。
△Mラインズ <3901>
 情報プラットフォームの契約企業数の増加続く。
△MDV <3902>
 ポケットカルテとオンライン診療の推進で連携強化。
△メディシノバ <4875> [JQ]
 新型コロナに絡む治験実施を発表。
△弁護士COM <6027> [東証M]
 医療機関を対象にクラウドサインの無償提供を開始。
△蛇の目 <6445>
 「マスク不足で家庭用ミシン需要増」との報道。
△ヘリオスTH <6927>
 子会社が不織布マスクの生産販売事業を開始。
△ポート <7047> [東証M]
 オンライン血圧モニタリングと医療相談サービスを無料提供。
△プロルート <8256> [JQ]
 NHNグループ傘下とECサイト構築で業務委託契約。

▼ビックカメラ <3048>
 今期経常を一転75%減益に下方修正。
▼ゲームウィズ <6552>
 6-2月期(3Q累計)経常が38%減益で着地。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ランド <8918> 、(2)ペッパー <3053> 、(3)MDV <3902> 、(4)蛇の目 <6445> 、(5)ロランドDG <6789> 、(6)ぴあ <4337> 、(7)ヘリオスTH <6927> 、(8)インソース <6200> 、(9)HEROZ <4382> 、(10)東競馬 <9672> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ひらまつ <2764> 、(2)ビックカメラ <3048> 、(3)ゲームウィズ <6552> 、(4)富士フイルム <4901> 、(5)エアーテック <6291> 、(6)イチカワ <3513> 、(7)ベル24HD <6183> 、(8)IIJ <3774> 、(9)マニー <7730> 、(10)ライオン <4912> 。

【大引け】

 日経平均は前日比7.47円(0.04%)安の1万9345.77円。TOPIXは前日比8.49(0.60%)安の1416.98。出来高は概算で13億6889万株。東証1部の値上がり銘柄数は1098、値下がり銘柄数は1007となった。日経ジャスダック平均は2985.40円(29.41円高)。

[2020年4月9日]


株探ニュース

日経平均