市場ニュース

戻る

【特集】「食品スーパー」が15位にランク、「首都封鎖」警戒し食料品買い急ぐ<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 マスク 
2 5G 
3 コロナウイルス
4 テレワーク 
5 巣ごもり 
6 TOPIXコア30 
7 旅行 
8 東京オリンピック 
9 原油安メリット 
10 サイバーセキュリティ

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「食品スーパー」が15位となっている。

 東京都の小池百合子知事が25日夜、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急記者会見を開き、「感染爆発 重大局面」と書かれたパネルを掲げて、このままでは「首都封鎖」になりかねないと危機感を都民に訴え、週末の外出自粛を強く要請した。これを受けて、“巣ごもり”への対応として食料品を買い急ぐ姿が都内で見られるようになったが、26日には東京に加えて神奈川、千葉、埼玉、山梨の1都4県が、不要不急の外出を自粛するよう要請したことで、この動きが首都圏各地に広がっている。その後、「会見後に都内のスーパーで食料品などの買い占めが起きている」などと各テレビ局が伝えたこともあり、「食品スーパー」への関心が高まっているようだ。

 これを受けて、首都圏を中心とする大手スーパーのライフコーポレーション<8194>が大幅続伸しているほか、「肉のハナマサ」などを手掛けるJMホールディングス<3539>や、埼玉県を地盤に食品スーパー「ベルク」を展開するベルク<9974>、同じく埼玉県を地盤とするスーパーバリュー<3094>、首都圏を地盤に食品スーパーやホームセンターを展開するOlympicグループ<8289>なども買われている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均