市場ニュース

戻る

【特集】「アウトドア」が19位にランクイン、新型コロナの影響で人混み避けキャンプが人気<注目テーマ>

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 マスク
3 コロナウイルス
4 テレワーク
5 巣ごもり
6 TOPIXコア30
7 東京オリンピック
8 原油安メリット
9 旅行
10 サイバーセキュリティ

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「アウトドア」が19位に浮上している。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同テーマへの強弱感が対立している。外出を控える傾向にあることからレジャー需要が減少し、アウトドア関連商品の需要も減るとの見方がある一方、各地で週末を中心にキャンプ場が活況とも伝えられ、キャンプ用品などの需要増が期待されているためだ。

 週末のキャンプ場の活況は、屋外レジャーならではの利用者間の距離が保てるうえ、風通しが良いことが安心材料となっているためだという。小中・高校の一斉休校などで子供が家にいるとことが多くなっていることから、ストレス発散のためにも外に連れ出そうという親心も加わり、各地でキャンプ場の予約が急増しているという。更に、平日にはキャンプ場にパソコンを持ち込んでテレワークをする利用者もいるという。

 こうした状況の変化を受けて、新型コロナウイルスの感染拡大初期にはネガティブとみられていたアウトドア関連がポジティブな意味で注目されている。1カ月後にはゴールデンウイークを控えているが、電車や飛行機による帰省を中止し、家族でキャンプなどアウトドアを楽しむ動きが広がることも期待されており、今後も同テーマへの注目は続きそうだ。この日もアウトドアウェアを手掛けるワークマン<7564>やデサント<8114>が大幅高しているほか,エービーシー・マート<2670>、アルペン<3028>、スノーピーク<7816>、グローブライド<7990>、ゼビオホールディングス<8281>なども買われている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均