市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・14日>(前引け)=イグニス、サニックス、スペースマ

イグニス <日足> 「株探」多機能チャートより
 イグニス<3689>=ストップ高。同社は13日取引終了後に、20年9月期第1四半期(19年10~12月)の連結決算を発表。営業損益が6500万円の黒字(前年同期は3億4000万円の赤字)に浮上したことが好感されているようだ。売上高は14億9600万円(前年同期比11.4%増)で着地。恋愛・婚活マッチングサービスを運営する「マッチング事業」が、プロモーションやクチコミの効果などで大きく伸びたことが寄与した。

 サニックス<4651>=急伸。同社は13日取引終了後に、20年3月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しは従来の22億4800万円から25億5000万円(前期比2.1倍)に引き上げた。売上高予想も501億3100万円から510億8200万円(同0.7%増)に上方修正。SE(ソーラー・エンジニアリング)事業部門で太陽光発電システムの販売が堅調なほか、環境資源開発事業部門が伸びていることが主な要因となっている。

 スペースマーケット<4487>=一時ストップ高。同社は空きスペースの時間貸し仲介サイトなどを運営するユニークな業態で、昨年12月下旬にマザーズ市場に上場した直近IPO銘柄。業績は成長期に突入しており、13日取引終了後に発表した20年12月期の業績見通しは売上高が前期比44%増の12億5600万円、営業利益が同5.3倍の2億2700万円と急拡大を見込んでおり、これを材料視する形で投資資金を呼び込んでいる。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均