市場ニュース

戻る

【材料】あさひは反落、上期営業利益が計画下回って着地

あさひ <日足> 「株探」多機能チャートより
 あさひ<3333>は反落している。24日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)単独業績が、売上高340億4700万円(前年同期比0.4%増)、営業利益37億9500万円(同10.8%減)、純利益26億1800万円(同9.4%減)と減益で着地し、また、従来予想の営業利益45億1800万円を下回ったことが嫌気されている。

 一般用自転車の販売台数が減少する一方、スポーツサイクルや電動アシスト自転車などが好調だったほか、パーツ・アクセサリーの販売が増加し売上高は微増となったが、天候不順の影響で客数が伸び悩み、既存店売上高が前年同期比1.2%減となったことが響いた。

 なお、20年2月期通期業績予想は、売上高612億円(前期比6.5%増)、営業利益42億円(同7.3%増)、純利益27億円(同14.4%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均