市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は小幅続伸、前日終値でもみ合い、アクセルマークが連日ストップ高/マザーズ市況

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより

 7日のマザーズ指数は小幅続伸となった。前日の米国市場において、クドロー米国家経済会議(NEC)議長の発言などを受けて米中対立への懸念が和らぎ、NYダウが6日ぶりに反発。この流れから、本日のマザーズ市場は朝方から底堅いスタートとなった。一方、円相場が1ドル=106円台を割り込む場面がみられるなど円高基調のなか、本格的な個人投資家によるセンチメント改善には至らなかった。引けにかけては資金の逃げ足の速さが上値の重しとなり、前日終値水準でのもみ合いが続いた。なお、売買代金は概算で581.07億円。騰落数は、値上がり151銘柄、値下がり129銘柄、変わらず12銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、ストップ高となったアクセルマーク<3624>がトップであったほか、ジーニー<6562>や識学<7049>が2ケタ上昇でそれに続いた。前日に引き続き開発中のブロックチェーンゲームの一般ユーザー向けオープンβテスト実施が材料視されたアクセルマークは、東証による日々公表銘柄の指定解除なども明らかになっている。売買代金上位では、バンクオブイノベ<4393>、新日本製薬<4931>、メルカリ<4385>、オンコリス<4588>、UUUM<3990>、ミクシィ<2121>、TKP<3479>が上昇。一方で、インパクトホールディングス<6067>が8%安になったほか、そーせい<4565>、ブシロード<7803>、GNI<2160>は軟調。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均