市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は反落、ウォンテッドがS安

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 16日大引けの東証マザーズ指数は前日比2.54ポイント安の932.26ポイントと反落。値上がり銘柄数は137、値下がり銘柄数は135となった。

 個別ではウォンテッドリー<3991>がストップ安。UMNファーマ<4585>は一時ストップ安と急落した。アクセルマーク<3624>、すららネット<3998>、東名<4439>、トレンダーズ<6069>、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>など6銘柄は年初来安値を更新。メタップス<6172>、マネーフォワード<3994>、窪田製薬ホールディングス<4596>、キャンバス<4575>、AmidAホールディングス<7671>は値下がり率上位に売られた。

 一方、ティーケーピー<3479>がストップ高。ヴィッツ<4440>は一時ストップ高と値を飛ばした。アスカネット<2438>、手間いらず<2477>、ジェイテックコーポレーション<3446>、霞ヶ関キャピタル<3498>、串カツ田中ホールディングス<3547>など16銘柄は年初来高値を更新。シノプス<4428>、エル・ティー・エス<6560>、チームスピリット<4397>、Amazia<4424>、エードット<7063>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均