市場ニュース

戻る

【特集】「遺伝子治療」が23位、“アンジェス人気”に続く有力銘柄群<注目テーマ>

アンジェス <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 5G 
2 バイオテクノロジー関連
3 人工知能
4 キャッシュレス決済
5 量子コンピューター
6 ホテル
7 人材
8 元号関連
9 サイバーセキュリティ
10 DNAチップ 

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「遺伝子治療」が23位にランキングされている。

 バイオ関連セクターに継続的に投資マネーが流入、個人投資家資金を中軸に物色人気が継続している。1月末から2月初旬にかけて暴落したサンバイオ<4592>の影響から、信用担保不足の連鎖によりバイオ関連は軒並み投げ売りが誘発された経緯がある。しかし、そこからは完全に立ち直った形となっている。

 バイオ株復活のトリガーを引いたのは大阪大学発のバイオベンチャーであるアンジェス<4563>だ。同社が心血を注いで開発を進めていた重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬「コラテジェン」が2月20日に承認され、翌日から3日連続のストップ高を交え4営業日で株価を倍化させた。これがバイオ関連株人気を再燃させる格好となった。

 しかも今回、バイオ関連セクターでは波状的な買いが広がるなか、人気化する銘柄が一極集中ではなくリレー方式で入れ替わり、そのぶん過熱感が緩和され相場が長続きしている面もあるようだ。アンジェスの株価は、その後は急騰の反動から値を下げ時価は4ケタ大台を割り込んだ水準で推移しているが、サンバイオの時のような他の銘柄への負の連鎖はみられない。

 むしろ、アンジェス人気が遺伝子治療薬に対するマーケットの関心を引き寄せ、同分野に経営資源を注ぐバイオ関連株に投資家の視線が向かいやすくなっている。

 バイオ関連株人気の原点はiPS細胞に代表される再生医療が挙げられるが、もう一つの流れとして遺伝子治療というセクションに対する注目度合いも高まっている。遺伝子治療薬とは遺伝子を導入した細胞を患者に投与することにより治療を行うもので次世代医療のひとつ。直近では、世界的なリーディングカンパニーであるノバルティス・ファーマが手掛けるCAR-T療法で有名な「キムリア」やアンジェスの「コラテジェン」などがその遺伝子治療薬の象徴となっている。

 関連有力株としてまず挙げられるのはタカラバイオ<4974>で遺伝子工学を活用した治療の実用化に傾注しており、CAR-T療法への展開でも国内随一。メラノーマを対象とした腫瘍溶解性ウイルス「TBI-1401」や滑膜肉腫を対象とした「TBI-1301」などの臨床が進んでいる。

 また、東大発のバイオベンチャーでRNAを活用した創薬技術に強みを持つリボミック<4591>や虚血肢治療製剤を対象に遺伝子治療薬「DVC1-0101」の国内フェーズ2を実施中のアイロムグループ<2372>も注目。このほか、遺伝子組み換え技術に長じるJCRファーマ<4552>や細胞医療ベンチャーのメディネット<2370>、樹上細胞ワクチンを主力とするテラ<2191>、腫瘍溶解ウイルス分野に特化したオンコリスバイオファーマ<4588>などもマークされる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均