市場ニュース

戻る

【特集】「遠隔医療」が20位にランクアップ、5G応用の有力分野として注目高まる<注目テーマ>

エムスリー <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 iPS細胞
3 人工知能
4 キャッシュレス決済
5 バイオテクノロジー関連
6 サイバーセキュリティ
7 半導体
8 半導体製造装置
9 再生医療
10 全固体電池

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「遠隔医療」が20位に急浮上している。

 日本でも5Gの商用化スタートが徐々にだが近づいているが、それにつれて注目が高まっているのがその応用分野だ。高速・大容量で通信の遅れがほとんど発生しない5Gは、携帯電話サービスの進化というだけではなく、社会インフラとしての役割が一層高まると予想されている。代表的なものとして自動運転やIoTが挙げられるが、遠隔医療も大きな進展が期待されている分野だ。

 これを受けて総務省でも、通信の遅れが致命的な事故につながりかねない分野を念頭に、インターネット回線が混雑しても一定の通信速度を保つことができる「優先制御」の制度を設ける方針を固めたとされている。仮にネット回線が混雑していても、遠隔医療などの通信は優先する方針で、5Gの普及とともに遠隔医療が一気に拡大する可能性が強まっている。今後、「遠隔医療」が株式市場で大きく注目される可能性も十分にあろう。

 この日は、関連銘柄ではエムスリー<2413>、ブイキューブ<3681>、メドピア<6095>などが堅調な動きとなっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均