市場ニュース

戻る

【材料】ペプドリが大幅反発、塩野義薬とペプチド―薬物複合体の共同研究契約を締結

ペプドリ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ペプチドリーム<4587>が大幅反発している。23日の取引終了後、塩野義製薬<4507>と脳移行性を向上させるカーゴペプチドを含む、複数のペプチド―薬物複合体(PDC)創製に関する包括的な共同研究契約を締結したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同研究は、脳移行性に関わることが知られる複数の標的分子に対し、ペプドリ独自の創薬開発プラットフォームシステムを用いて医薬品および医薬品候補化合物の脳移行性を向上させるカーゴペプチドを見出し、これに塩野義薬が選定した医薬品・医薬品候補化合物を付加することで、新たなPDC医薬品を創製することが目的という。また、同契約の締結に伴い、ペプドリは塩野義薬から契約一時金(および共同研究費)を受領するほか、今後、非臨床および臨床試験の進捗状況に合わせて目標達成報奨金(マイルストーンフィー)や、製品化後は売り上げ金額に応じたロイヤルティーを受け取ることになる。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均