市場ニュース

戻る

【材料】山梨中央銀行<8360>のフィスコ二期業績予想

山梨銀 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年1月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

山梨中央銀行<8360>

3ヶ月後
予想株価
1,502円

山梨県地盤の地銀。県内シェアは預金・貸出金とも首位。18.9末時点で自己資本比率(国内基準)は13.5%。中小企業等貸出金比率は61.1%。18.3期2Qは経常費用が減少したことで経常利益が増加した。

県内経済は半導体関連を中心に機械工業が増勢を維持し設備投資も回復基調である。10月に株式合併を予定。中計において組織力の強化等経営体質の強靭化を図る。19.3期は厳しい状況が続く予想。株価は上昇予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/53,591/-/7,396/5,191/29.68/7.00
20.3連/F予/50,481/-/6,967/4,890/27.95/7.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/01/05
執筆者:YS

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均