市場ニュース

戻る

【特集】反転上昇相場のリード役、経常ピーク益更新&低PER株厳選リスト<株探トップ特集>

日経平均株価は2万2000円台手前で瀬踏みを繰り返しているが、徐々に売り物が枯れてきた。ここからの戻り相場を先導する好業績割安株に照準を定めたい。

―業績好調なだけじゃない、株価の水準訂正高が見込まれるこれだけの理由―

 週明け19日の東京株式市場は、外国為替市場で円高・ドル安が進行したにもかかわらず、米中貿易摩擦への過度な警戒感の後退や、前週末のNYダウ平均株価の上昇などが支えとなって、日経平均株価終値は、前週末比140円82銭高の2万1821円16銭と反発した。こうしたなか、今後の反転上昇相場で牽引役候補として期待される今期経常過去最高利益更新を見込むPER割安銘柄に注目したい。


●東海カーボン、黒鉛電極やカーボンブラック事業が好調

 東海カーボン <5301> は14日、18年12月期通期の連結業績予想を上方修正した。売上高を2140億円から2300億円(前期比2.2倍)へ、経常利益を745億円から755億円(同5.9倍)へ増額した。ただ、最終利益は740億円(同6.0倍)で据え置いた。黒鉛電極やカーボンブラック事業などでの収益拡大が寄与する。全体相場の下落基調も影響して、好業績予想ながら同社の株価は軟調推移となっている。ただ、PERは4倍台と極めて割安水準にある。

●品川リフラ、耐火物販売数量の増加や販売価格上昇が寄与

 品川リフラクトリーズ <5351> は8日、19年3月期通期の連結業績予想について、売上高を1160億円から1175億円(前期比14.4%増)へ、経常利益を86億円から102億円(同61.3%増)へ、純利益を55億円から60億円(同75.5%増)へそれぞれ上方修正した。上期での堅調な粗鋼生産と拡販に伴う耐火物販売数量の増加や、耐火物原料価格の上昇に対応した販売価格への転嫁などを受けて、耐火物および関連製品の売上高・利益が大幅に伸長した。これに加えて、今後も耐火物の需要堅調が見込まれることが要因としている。

●オプトラン、光学薄膜装置の販売が好調に推移

 光学薄膜装置を製造販売するオプトラン <6235> は8日、18年12月期通期の連結利益予想の上方修正を発表した。経常利益を82億円から112億円(前期比57.9%増)へ、最終利益を57億円から72億円(同49.5%増)へそれぞれ増額した。ただ、売上高は438億円(同31.2%増)で据え置いた。旺盛な設備投資需要を背景に、光学薄膜装置の販売が好調に推移するなか、生産効率の改善や原材料費の抑制が奏功し、採算が想定より上向く。また、円高・元安による中国内生産の為替差益メリットも利益を押し上げる。さらに、業績上振れに伴い期末一括配当を従来計画の42円から50円(前期実績は40円)に増額修正した。

●サムコ、19年7月期は18期ぶりに経常過去最高益更新へ

 サムコ <6387> は9月10日に、19年7月期通期の単体業績予想を発表した。売上高は64億円(前期比17.1%増)、経常利益は9億5000万円(同47.8%増)、最終利益は6億4000万円(同56.9%増)と大幅増益を見込み、18期ぶりに経常過去最高益を更新する見通しとなった。今期は半導体関連の旺盛な設備投資需要が継続するなか、通信用半導体レーザーや各種センサー向けエッチング装置などの受注が伸びる見通しだ。

●キトー、国内の補修・補強市場向けでクレーン需要好調

 キトー <6409> が14日に発表した19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結決算は、売上高が281億9000万円(前年同期比14.3%増)と2ケタ増収を達成し、経常利益は23億1400万円(同2.6倍)と急増した。同社は巻上機や大型クレーンなどを手掛けており、安倍政権の政策を追い風に急拡大基調にある国内の補修・補強市場向けで需要を取り込んでいる。株価は反転上昇基調を鮮明にしているものの、PERは依然として10倍台と割安水準にある。

●ロードスター、不動産投資事業で物件売却が進展

 都内のオフィスを取得し、付加価値を高めて売却する事業を主力とするロードスターキャピタル <3482> [東証M]は5日、18年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結決算を発表した。売上高は78億1400万円(前年同期比46.2%増)、経常利益は19億8300万円(同2.3倍)、最終利益は12億6900万円(同2.2倍)だった。主力の不動産投資事業で物件の売却が進み、大幅増収を達成したことが利益急拡大にも寄与している。通期計画の経常利益20億8900万円に対する第3四半期累計経常利益の進捗率は94.9%に達しており、通期利益上方修正の可能性が濃厚となっている。

◆主な今期経常最高益更新予想の割安銘柄◆

銘柄 <コード>      増益率  株価 PER
Fブラザーズ <3454>     45.7  1281  6.4
ロードスター <3482>    75.7  1974  16.4
王子HD <3861>      51.6   669  13.2
トーヨーアサノ <5271>   77.0  3280  5.2
東海カ <5301>        5.9倍 1569  4.5
カーボン <5302>       4.3倍 5650  7.3
品川リフラ <5351>     61.3  4265  6.6
オプトラン <6235>     57.9  2251  12.9
カワタ <6292>       94.4  1800  8.8
明治機械 <6334>       2.6倍  355  9.7
三精テクノロ <6357>    81.9  1716  11.7
サムコ <6387>       47.8  1162  14.6
キトー <6409>       50.4  1970  10.1
ツバキ・ナカシマ <6464>  76.6  1815  10.2
稲畑産 <8098>        2.2倍 1526  8.9
日本エスコン <8892>    70.3   691  6.7
※株価は19日終値、単位:%、円、倍

株探ニュース

日経平均