市場ニュース

戻る

【特集】すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-1

ボラの高いバイオ株で30億円以上を築いた「手堅さ」
登場する銘柄:そーせいグループ <4565> 、ラクオリア創薬 <4579>
筆者:福島 由恵
金融機関出身のフリーライター。株式、投資信託、不動産投資などを中心とした資産形成に関連する記事執筆を主に担当。相続、税金、ライフプラン関連も数多く執筆。

いってんがい土志田 剛志さん(30代・男性)
日頃は弁護士として活躍する兼業投資家。2007年から繰り返して投資を手掛けたバイオ株のそーせいグループ <4565> の株価大幅上昇に乗り、約10年で資産は30億円に到達。投資分野を絞り込んで自身の知識と分析内容を継続的に深め、適正株価を見極めながら投資する方法が実を結ぶ。現在のポートフォリオは全体の約3分の2を値上がり益狙い、残りを配当や魅力的な銘柄に配分し配当収入は年間2000万~3000万円になる。

 キーワードの2番目の「小型」は時価総額の大きさのこと。土志田さんが同社株に投資をしたのは2016年末、株価は400円台だった。足元の株価は1200円前後で、時価総額は250億円近くなので、購入時の時価総額は80億円台だったことになる。土志田さんが大化け候補を探す基準の一つに置く「時価総額100億円未満」に合致していた。...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均