市場ニュース

戻る

【材料】日立キャピタル<8586>のフィスコ二期業績予想

日立キャピ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年9月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日立キャピタル<8586>

3ヶ月後
予想株価
3,500円

リースやローン、クレジットの金融サービス会社。日立グループ。国内は社会インフラ、環境・再生可能エネルギー、車両、自治体を注力分野に位置付け。欧米や中国等でも事業展開。19.3期1Qは二桁の増収、増益。

19.3期は取扱高は2兆4100億円を予想。注力分野の環境・エネルギーが堅調に推移。海外は欧米や中国が堅調に推移する見通し。株価は年初来高値を更新。2015年高値を目指す。年間配当予想6円増配も後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/442,500/50,000/37,500/36,000/308.00/92.00
20.3期連/F予/465,000/52,500/39,300/37,800/323.40/92.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/28
執筆者:NI

《DM》

 提供:フィスコ

日経平均