市場ニュース

戻る
2018年09月15日07時32分

【材料】前日に動いた銘柄 part2:ファーマフーズ、東京衡機、ipsなど

アイビーシー <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>⇒14日終値⇒前日比

アイビーシー<3920> 1813 -95
短期リバウンドにも一巡感で戻り売り優勢。

大塚HD<4578> 5289 -159
上値の重さも意識で戻り売りが優勢に。

高島屋<8233> 1804 -73
内需の一角にはリバランスの売り圧力も。

三菱UFJ<8306> 680.6 +6.6
米長期金利上昇や株式市場の好地合いを受け。

ヤフー<4689> 393 +9
ジェフリーズ証券では買い推奨に格上げ。

TATERU<1435> 363 -1
目先の底値到達感から自律反発狙いの動きが続く。

東海カーボン<5301> 2033 +66
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。

アステラス製薬<4503> 1898.0 +6.0
ドイツ証券では格下げ観測も影響薄。

任天堂<7974> 38130 -610
「Nintendo Direct 2018.9.14」の配信で出尽くし感も。

ファーマフーズ<2929> 611 +100
好決算改めて評価で押し目買いも。

東京衡機<7719> 340 +80
目先の売り一巡感から自律反発の動きに。

ビート<9399> 261 +34
仮想通貨関連の材料株として短期資金流入。

RVH<6786> 278 +24
四季報の来期予想などを材料視。

コーア商事HD<9273> 4350 -630
25日線割り込んで処分売りが優勢に。

ips<4390> 10400 +1500
子会社がフィリピン全土で通信サービス提供可能に。

弁護士コム<6027> 4220 +250
フリーランス総合支援のランサーズと業務提携。

プロレド<7034> 10490 +1500
18年10月期第3四半期営業利益6.62億円、通期予想上回る。

ナガオカ<6239> 905 +55
19年6月期の純利益予想を1.90億円に上方修正。

夢の街創造委<2484> 3245 +155
インドネシアの宅配サイト運営会社の株式を譲渡。

シルバーライフ<9262> 5880 +580
19年7月期営業利益予想、14.7%増。

ビリングシス<3623> 6460 +220
カードリーダーソリューション事業を手掛ける子会社を設立。

RPAHD<6572> 13230 +480
インターネットメディア事業を手掛けるディレクトを子会社化。

MICS化学<7899> 349 -11
第1四半期営業利益は前年同期比52.8%減でスタート。

ジェネパ<3195> 528 -64
第3四半期も営業赤字続く。

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均