市場ニュース

戻る
2018年07月20日19時30分

【特集】10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR「お宝候補」31社 【東証1部】編 <割安株特集>

NTN <日足> 「株探」多機能チャートより

 上場企業の売買単位の引き下げや株式分割などで、株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証1部上場企業では476社が最低投資金額10万円以下で購入できる。また、ネット証券の多くでは約定金額が低い取引の手数料を重点的に引き下げる傾向にあり、手数料を気にせずに売買が可能となっている。
 最低投資金額が10万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、買付や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は今期の経常利益が2ケタ増益を見込み、かつ理論上の解散価値であるPBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る割安感の強い銘柄に注目してみた。

 下表は東証1部上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が10万円以下、(2)時価総額200億円以上、(3)今期経常利益が前期比10%以上増益、(4)実績PBRが1倍以下――を条件に投資妙味が高まる割安な「お宝候補」31社を選び出し、最低投資金額の低い順に記した。(※最低投資金額、PBRは20日現在)

 なお、22日(日)16時00分に「10万円以下で買える、2ケタ増益&低PBR『お宝候補』【2部・新興】編」を配信する予定です。ご期待下さい。

          最低投資  ┌ 経常利益┐  実績
コード 銘柄       金額 増益率  今期   PBR
<3315> 日本コークス  11700  14.7  3700  0.75
<8524> 北洋銀     38400  40.0  21200  0.36
<7599> IDOM    38900  17.3  6800  0.98
<6472> NTN     46400  18.4  37000  0.97
<7004> 日立造     51100   167  9000  0.74
<7822> 永大産業    51600  18.4  2850  0.47
<7180> 九州FG    52200  15.0  33800  0.38
<4220> リケンテクノ  53400  12.8  6100  0.73
<9310> トランシティ  53700  28.2  4000  0.61
<8168> ケーヨー    53800  22.4  3000  0.79

<9831> ヤマダ電    55400  69.2  80100  0.76
<2418> ツカダGHD  60400  14.8  5050  0.87
<4620> 藤倉化     63400  10.4  3100  0.62
<2734> サーラ     70000  22.5  5500  0.79
<1827> ナカノフドー  70200  15.7  5300  0.82
<6584> 三桜工     70400  20.8  5000  0.60
<8016> オンワード   73800  23.1  7300  0.65
<7955> クリナップ   78200   127   950  0.55
<8841> テーオーシー  78900  25.6  5800  0.92
<5288> アジアパイル  79800  15.1  3450  0.99

<3608> TSIHD   80100  18.8  4500  0.74
<6480> トムソン    82400   125  5400  0.99
<4410> ハリマ化成G  83200  12.3  4500  0.64
<8151> 東陽テク    88800  25.5  1300  0.73
<5930> 文化シヤタ   89400  23.7  9500  0.91
<9837> モリト     91400  11.6  1900  0.78
<5852> アーレスティ  94200  19.5  5300  0.37
<2009> 鳥越粉     95100  10.1  1900  0.70
<8358> スルガ銀    96100   247  36500  0.65
<3553> 共和レ     97400  16.5  3900  0.77

<6363> 酉島      97600  29.1  2000  0.79

※単位は最低投資金額が円、増益率が%、経常利益が百万円、実績PBRが倍。
※今期最終赤字、無配の企業は除いた。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均