市場ニュース

戻る
2018年07月03日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:5日線が200日線割れ、さらに売り方優位に

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

3日の日経平均は続落した。25日線の下方で下降中の5日線が75日線と200日線を相次いで下回り、短期的な売り方優位が鮮明になった。6週線が13週線を下回るデッドクロスを形成しており、日経平均の下落が長期化する可能性が出てきた。一目均衡表では、日々線が雲下限を下回る場面があったほか、転換線と基準線は下向きを継続。遅行線が株価の下方にあって弱気シグナルを発しており、弱気相場の色合いがさらに濃くなった。ボリンジャーバンドでは、日々線が前日に続いて-3σ手前まで下落し、日経平均が下値模索の流れにあることを示唆している。
《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均