市場ニュース

戻る
2018年06月15日07時34分

【市況】NY金:続伸で1308.30ドル、米長期金利低下を意識した買いが入る


NY金先物8月限は続伸(COMEX金8月限終値:1308.30 ↑7.00)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比+7.00ドルの1オンス=1308.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1313.00ドルまで買われた。欧州中央銀行(ECB)は14日に開いた理事会で量的緩和策の年内終了を決定したが、利上げの時期は協議しなかったことや米長期金利の低下を意識して安全逃避的な買いが入ったようだ。ただ、外為市場でユーロ安・米ドル高が急速に進行したことを嫌って金先物の上げ幅は縮小した。
《CS》

 提供:フィスコ

日経平均