市場ニュース

戻る

【材料】神戸製鋼所<5406>のフィスコ二期業績予想

神戸鋼 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月17日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

神戸製鋼所<5406>

3ヶ月後
予想株価
1,250円

高炉国内3位。鉄鋼大手の中で最も鉄鋼事業比率が低く、銅、アルミ、エンジニアリングなども展開。鉄鋼は自動車向け特殊鋼線材が主力。18.3期3Q累計では、営業黒字転換。通期では純利益が黒字転換見通し。

不適合製品の安全性検証は着実に進展。影響額は100億円と公表。米国司法省から書類提出要求、話し合いは長期化の模様。外部環境好転で、加古川製鉄所では500億円を投じて設備増強。株価は高値睨みの展開か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/1,890,000/75,000/60,000/45,000/124.20/0.00
19.3期連/F予/1,850,000/85,000/70,000/78,500/133.90/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/17
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均