市場ニュース

戻る

【特集】10万円以下で買える、3期連続最高益「お宝候補」27社選出 【東証1部】編 <割安株特集>

ラクーン <日足> 「株探」多機能チャートより

 上場企業の売買単位引き下げや株式分割などで株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証1部上場企業でも428銘柄が最低投資金額が10万円以下で購入できる。また、ネット証券の多くでは約定金額が低い取引の手数料を重点的に引き下げる傾向にあり、手数料を気にせずに売買が可能となっている。

 最低投資金額が10万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、購入や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は、直近予想を含め3期以上連続で経常最高益を見込む企業に注目した。

 下表は東証1部上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が10万円以下、(2)経常利益が3期以上連続で過去最高益を更新する見込み――を条件に投資妙味が高まる「お宝候補」27社を選び出し、最低投資金額の低い順に記した。(最低投資金額は27日現在)

 なお、30日(月)18時00分に「10万円以下で買える、3期連続最高益『お宝候補』【2部・新興】編」を配信する予定です。ご期待下さい。

           最低投資  最高益   ┌ 経常利益┐
コード 銘柄       金額 連続期数  増益率 直近予想 決算期
<3250> ADワークス   4000    3   20.3   900  18/03
<7167> めぶきFG    42500    3   19.6  62500  18/03
<6093> エスクロAJ   43100    4   14.2   828  19/02
<3245> ディアライフ   58900    4   13.7   2270  18/09
<3031> ラクーン     64300    9   17.1   485  18/04

<9466> アイドマMC   66700    4    8.6   1000  19/03
<7191> イントラスト   69800    5   33.8   800  18/03
<4345> CTS      76900    8   14.7   1680  19/03
<4658> 日本空調     77600    4    0.7   2500  18/03
<2374> セントケア    78000    3   17.6   2109  18/03

<4344> ソースネクス   78100    5    8.0   1720  18/03
<6199> セラク      79800    7   10.5   600  18/08
<2453> JBR      80600    3   38.7   1320  18/09
<7187> ジェイリース   82200    3   37.8   430  18/03
<2930> 北の達人     83700    3   73.2   2430  19/02

<9069> センコーHD   84200    7    5.8  18300  18/03
<4714> リソー教育    84300    3   16.9   2500  19/02
<1893> 五洋建      86500    3    9.7  26000  18/03
<9517> イーレックス   87000    3   40.2   4512  18/03
<2424> ブラス      87800    3   12.0   887  18/07

<8275> フォーバル    88200    3    7.1   2800  18/03
<8860> フジ住      90600    3    5.9   6500  19/03
<3937> Ubicom   90900    4   21.5   351  18/03
<2884> ヨシムラHD   92800    4    4.7   580  19/02
<7438> コンドー     92800    7    2.9   3719  18/03

<4767> TOW      94900    3    1.5   1851  18/06
<6071> IBJ      98800    8   17.1   1749  18/12

※単位は最低投資金額が円、経常利益が百万円、増益率が%。

株探ニュース

日経平均